まるくる
まるちゃんとサンタクルーズ
サンタクルーズの観光地へ戻る食事リンク地図公園プールビーチ博物館動物園イベント
サンタクルーズ北西の町ボルダークリークにある「ビッグベイスン Big Basin 州立公園」でのキャンプ体験談。
ビジターセンター前2008年7月11日(金)、まる赤、初キャンプ!

お父ちゃんの仕事が終わってから出発、着いたら夕方6時前。

まずは、ビジターセンターで、キャンプサイトの番号をもらう。

キャンプ場はどこでも寝ていいのではなく、前もってオンライン予約しておいて、割り当てられた場所に持参のテントを張る。

夏の週末はどこのキャンプ場もすぐ満員。
今年は山火事多発のせいで、閉鎖中のキャンプ場や、キャンプファイヤー禁止の場所がチラホラあるので、事前に問い合わせ必須です。
アラスカで使っていたテント明るいうちに、まずはテント張り。

二人用のテントに無理やり3人寝てみた。
寝袋のお陰で寝相の悪いのは気になりませんでしたが、かなりキツイ・・・。

キャンプサイトには、駐車スペース、ドラム缶のようなバーベキューピット(キャンプファイヤー用)、ピクニックテーブルがそれぞれついてる。

共同施設として、水洗トイレ、シャワー(2分間25セント)、水道、ゴミ箱が近くにあります。
木は3本使いました夕食タ〜イム!

セーフウェイで前もって買っておいた、キャンプファイヤー用の木(暖炉用の木はダメ)とスターターログっていう小さい木、チャッカーマンを使って、長〜〜〜〜いことかかって、やっと火をおこしました。

今夜のメニューは、ホットドッグと焼きおにぎり。
不完全燃焼気味で、かなりスモーキー。

キャンプファイヤーの木は、お店で買います。
その辺の枝を折ったり拾ったりするのはダメざます。

実は、まるちゃんが行った日の午前中に珍しく雨が降り、それまで山火事防止のため禁止だったキャンプファイアーが、当日解禁になって、ラッキーでした。

晴天続きの場合は、カセットコンロ持参推奨。
火が消えかかってますーーーーっアメリカでキャンプ、といえば、マシュマロ焼き。

串に刺して、ちょっと焦げかかったところを、板チョコと一緒にグラハムクラッカーに挟んで食べるという、超激甘!なオヤツ。
ひとくち目だけは「お、うまい」と思えました。

10時ごろまでキャンプファイヤーを囲んでから、おやすみタイム。

夜中にテントを触りにきたアライグマの手を、お父ちゃんがつかむ、という、驚きのハプニングもありました。
ストローラーでもオッケー。翌朝。

カップヌードルとベーグルの朝ごはんを食べ、テントをたたみ、一番簡単なトレイルへ。

ビジターセンターや土産物屋のあるヘッドクオーターから、「レッドウッド・トレイル」というのがのびてます。
15分〜1時間で歩ける平坦なループ。

寝不足でヘナヘナだったので、滝が見えるトレイルには行きませんでした。
むちゃ高い樹トレイル上にあった、中身が焼けて空洞になった大木。

見上げるとてっぺんまで穴が開いてるのに、ちゃんと立ってるのにはびっくり。

このビッグベイスン・ステートパークは、カリフォルニア州で一番古い州立公園とか。
樹齢2000年越えの木もバンバンあったりします。

小学生のまる赤、キャンプは気に入ったよう。
今度は、スコッツバレー近くのヘンリーコーウェルパークにキャンプに行く予定。

トレイルを歩くのが目的なら、キャンプはせずに、サンタクルーズから日帰りも余裕の位置関係です。


ヘンリーコーウェル Henry Cowell 州立公園キャンプ体験談
サンセット・ステートビーチ Sunset State Beach 州立公園キャンプ体験談
もあるよ〜

◆ビッグ・ベイスン・レッドウッズ・ステートパーク Big Basin Redwoods State Park(公式サイト)

住所: 21600 Big Basin Way, Boulder Creek, CA 95006-9064 地図
電話: (831)338-8860
時間: 6A〜10P
料金: 入場1日車1台7ドル(2009年2月の時点)詳しい料金は公式サイト> Fees をご参照
     キャンプ1泊約32ドル。予約は7ヶ月前から受付開始。

行き方:
サンタクルーズから1号線をサンノゼ方面へ、9号線北へ入り15マイルでボルダークリーク Boulder Creek の町に入ったら、左折して 236号線/Big Basin Way に入り、9マイル行くとパーク到着。

9号線はクネクネしているので、スコッツバレー→フェルトン→ボルダークリークを通ると、遠回りだが少し運転しやすい。

サンタクルーズからは、片道約1時間弱。

注意:
●山中だからか離れているからか、キャンプ場では携帯がつながりませんでした。
●売店はヘッドクオーター横にあるけど、営業時間が短いので、食料や水、たきぎ、など必要品は事前に購入お勧め。
●カリフォルニアは乾燥しているので、山火事を出さないよう、火から離れる時は水をかけて消火を確認してから。
●蚊がいるので、虫除け推奨。
●アライグマ・リス・カラスは、残飯アサリが半端ない!食料品は全てトランクの中へ、ゴミはすぐ集合ゴミ捨て場へ。特にカラスは早朝、残飯の周りでギャーギャー大騒ぎします。
●夜10時〜朝6時はお休みタイム。おしゃべりは耳元で甘くささやいてね。

2008年7月13日更新