まるくる
まるちゃんとサンタクルーズ
サンタクルーズの観光地へ戻る食事リンク地図公園プールビーチ博物館動物園イベント
サンタクルーズ北部にある「ヘンリーコーウェルパーク州立公園」でのキャンプ体験談。
けっこうゆったり2008年7月18日(金)、2度目のキャンプ!

今回は、サンタクルーズに程近い、スコッツバレーの「ヘンリーコーウェルパーク Henry Cowell Redwoods State Park」へ。

またまたお父ちゃんの仕事が終わってから出発、10分で着いたので、5時過ぎには到着。
近い!

まずは、キャンプ場入口のビジターセンターで、前もってオンライン予約しておいたキャンプサイトの番号をもらう。

今回割り当てられたキャンプサイトは、木が低く、ゆったりめ。
各サイトには、駐車スペース、ドラム缶のようなバーベキューピット(キャンプファイヤー用)、ピクニックテーブルがついてる。
共同施設として、水洗トイレ、シャワー(2分間25セント)、水道、ゴミ箱が近くにあります。
うっそうと茂る木々割り当てられたキャンプサイトによっては、こんな鬱蒼とした森の中だったりもする。

ステラーズ・ジェイスクラブ・ジェイという青い鳥と、キツツキが、たくさんいました。
双眼鏡持参おすすめ。
キツツキ、かわいい〜

夜はキャンプファイヤーだけで終わったので、翌朝、「展望台(オブザベーション・センター)」まで歩いてみました。緩やかな傾斜で短距離だけど、最近運動不足のまるちゃん、ぜーぜー。

アメリカ国内唯一の、「元海底だった山のトレイル」ということで、オブザベーションセンター周辺のトレイルは細かい砂地。
看板の解説によると、サメの歯やサンダラーの化石が出てくることもあるとか。
化石は見つからなかったけど、怪しく大きい糞がたくさんトレイル上に落ちてた!
マウンテンライオンか馬のウンチだと思うんだけど。

オブザベーションセンター自体は、正方形の高台が丘のてっぺんに作られているだけで、望遠鏡も何もありませんでした。
Roaring Camp今回は、キャンプ場周辺(州立公園の東側)のみ行きました。

9号線から入る西側には、もっと大きなレッドウッドの森があり、公園内の動植物を展示したネイチャーセンターや、鉄道博物館(←写真)も隣接されてます。


ビッグベイスン・レッドウッズ州立公園キャンプ体験談
サンセット・ステートビーチ Sunset State Beach 州立公園キャンプ体験談
もあるよ〜

◆ヘンリー・コーウェル・レッドウッズ・ステートパーク Henry Cowell Redwoods SP

●その1:日中のハイキングのみ Day Use Entrance
住所: 101 North Big Trees Park Road, Felton, CA 95018 地図
時間: 6A〜10P
料金: 入場1日車1台7ドル(2009年2月の時点)

●その2:キャンプ場 Campground
住所: 2591 Graham Hill Road, Scotts Valley, CA 95060 地図
時間: キャンプはチェックイン2P〜チェックアウト正午
電話: (831)438-2396
料金: キャンプ1泊約32ドル。予約は7ヶ月前から受付開始。

サンタクルーズからは、片道約10分。

注意:
●ネイチャーセンターや隣接のローリングキャンプ鉄道があるのは、デイユーズの9号線側。
●キャンプ場入口は、オーシャン・ストリートを北上→グラハムヒル・ロードを北上、左手。

●カリフォルニアは乾燥しているので、山火事を出さないよう、火から離れる時は消火確認してから。
●山火事で、キャンプ場閉鎖やキャンプファイヤー禁止の場合があるので、当日に問い合わせを。
●晴天続きの場合は、カセットコンロ持参推奨。
●キャンプファイヤーの木はお店で購入。その辺の枝を折ったり拾ったりするのはダメざます。

●夏の週末はどこのキャンプ場もすぐ満員。予定が立ち次第オンライン予約おすすめ。
●アライグマ・リス・カラスは、残飯アサリが半端ない!食料品は全てトランクの中へ、ゴミはすぐ集合ゴミ捨て場へ。特にカラスは早朝、残飯の周りでギャーギャー大騒ぎします。

●夜10時〜朝6時はお休みタイム。おしゃべりは耳元で甘くささやいてね。

2008年7月20日更新