まるちゃんとアラスカ
「窓の外には・冬バージョン」


私が暮らしたアパートは、小高い丘の上にあった。

リビングには大きな分厚い窓があり、
室内だというのに、窓の内側には、冷凍庫のような白い霜が発達していた。

朝の10時ごろ。
カーテンを開けると、ようやく白んできた雪と氷の世界が広がる。

樹木の雪が朝日に淡く染まる。

部屋からの眺め

アラスカの1月(気恥ずかしい文章ですが)で書いた風景がこの写真です。

(前へ)これが海洋研究所だ!(次へ)窓の外には・秋編

まる栗メインメニュー/アラスカもくじ

2003/3/5作成