まるくる
まるちゃんとサンタクルーズ
サンタクルーズ観光地へ戻る食事リンク地図公園有料遊び場イベント
サンタクルーズ産地直送水族館、「シーモア・マリン・ディスカバリー・センター」体験談。
しろながす鯨の骨が目印87フィート(約27メートル←世界一でかいらしい)の「ミズ・ブルー」。
北米に4体しかない内の1つ、世界最大の哺乳類シロナガスクジラ Blue Whale の骨格標本。
この骨の詳細はこちら。
骨作るのって、えらい長いことかかるねんなー。
冬はライトアップされます。
やどかりに執着館内「触れる水槽」。
ヤドカリや、怪しい虫っぽいもの、ヒトデなどなど。

係員さんに積極的に話しかけてみましょう。親切に教えてくれます。

ざっと見たら10分もかからない小さい水族館で、全体的に「研究所」っぽい。パズルや、ラッコ毛皮、アワビの水槽(高そう)など、じっくり見ると味わい深いです。
おしゃれなカニ一番のお気に入り、「変装カニ(デコレーション・クラブ Decoration Crab)」。

カラフルなポンポンが入れてあって、カニが自分で体にくっつけてます。
なぜか赤ばかり選んでる・・・かわいいやっちゃ!

地元の海で採ってきた生き物が展示されてるので、ビーチへ行ったら自分でも探してみては。
裏水族館1P&2P&3Pに始まる無料ガイドツアーに参加すると案内してもらえる、「裏水族館(まるちゃん命名)」。

ガイドさんは、地元のおじいちゃんとか、元研究員さんとかがボランティアでしてくれてます。
ツアーは入口受付でサインナップ。定員あり、早いもん勝ちで。

写真の丸い水槽に、イルカがいます。
反対側にひっそりしたビーチが見え、海にはラッコがいることも。
ひっそりこっそりガイドツアーで指摘されないと絶対気付かない「クジラの尻尾」。

実は骨から続いていて、本物の尻尾の大きさが実感できる、というシロモノ。
地面にペンキで描かれてます。
芸が細かいじゃーあ〜りませんか!

ガイドツアーでは、水族館展示以外に、研究所をチラッと案内してくれたり、外回りを歩いたりもしてくれる。
大人には無理?入口左にある、象アザラシ(エレファントシール Elephant Seal)。

まる赤、オスに肩車してもらってます。
ツルツルしてて、よじ登るの難しい(私には無理)。
天気がいいと、ぬくい!ピトッとくっついて日向ぼっこが気持ちいーい!

メスと赤ちゃんもいます。
本物には触れないので、大きさを実感するには銅像でどうぞ(さむっ)。

まるちゃんの「象あざらし繁殖地ツアー」体験談はこちら。

まるちゃんの「ハロウィーン@サンタクルーズの水族館体験談」はこちら。

シーモア・マリン・ディスカバリー・センター(水族館)
Seymour Marine Discovery Center at Long Marine Laboratory, Institute of Marine Sciences, UCSC(長っ!)


場所: 100 Shaffer Road, Santa Cruz, CA 95060 地図(下の方)

行き方:
1号線北(Mission Street) から、Swift Street の信号で左折(海側へ)、Delaware Ave. ストップサインで右折、Delaware の端に Long Marine Lab への入口ゲート。ゲートを抜け、道なりに海際まで行くと鯨の骨があり、水族館はその左手。無料駐車場隣接。

電話: (831) 459-3800
時間: 火〜土:10A〜5P、日:正午〜5P、月曜休館、多くの祝日も休館

料金: 大人6ドル、生徒&64歳以上&4〜16歳4ドル、毎月第1火曜無料
割引クーポンもチェック。

屋根付きざます雨の日にグウ。

2007年2月27日更新