アラスカ 〜 マサチューセッツ
カナダ横断引越し日記


メインメニューへ戻るアラスカ目次へ

1997年5月17日(土)第3日目

朝6時半、目覚しが鳴り、7時起床。
すぐテントたたみ、夫、湯沸かす。

朝食、コーヒーと、たき火の上で温めたクロワッサン。
昨夜は他の RV (キャンピングカー)で夜中まで音楽を流していてうるさかった。
途中はよく寝る。
朝方、少し寒い。
リスがテントのそばで鳴く。
鳥(サルのような声)がたくさん鳴き、まるでジャングルの中で寝ているようだった。
湖のそばで、レイブンに白頭ワシが追いかけられていた。

8時ごろ出発。
いい天気で、度々停まって写真とる。
途中で ユーコン準州(Yukon Teritory) から ブリティッシュ・コロンビア州(British Colonbia) にちょっと入ってすぐ出る。

昼過ぎ、ユーコン・テリトリーの ワトソン湖(Watoson Lake) に着き、ガソリン入れ、パン、水買う。
ビジターセンターには、標識のコレクションが立ち並んでいた。
係りの人に、「リヤードホットスプリングス」を薦められる。
ここでコーヒー入れる。

ランチ昼寝で鼻血の写真3時半ごろ、「リヤード・ キャニオン ・ レクリエーション ・サイト」  で休憩、カップ麺、ヨーグルト食べる。
夫、休憩中に昼寝していてのぼせ、鼻血ふく。(左の写真)

ここには池や滑り台があった。
旅に出て初めてトイレが出る。
その後、リヤード ・ リバー沿いに走るが、景色よい。
トイレ休憩した所には、鳥がいて、K氏が落としたフルーツをつまんでからは妙にずうずうしくなり、車に乗っかったりした。

夜7時過ぎ、アラスカのF氏おすすめの「リヤードホットスプリングス」に着くが、いいキャンプ場はすでに一杯。
カナダの休日(ビクトリアデー)のためで、高校生、チビ、年寄り、たくさんいる。
キャンプ場の向かいにある、馬糞の臭いのする広場のような所に2つテントを並べて張り、すぐに水着持って温泉へ。

リヤード温泉の写真長い板張りの道の先に、浅いのと深いの、2つ露天風呂。
床は砂利で、底の方がぬるかった。(左の写真。浅い方の風呂)

浅い方は子供で溢れている。
もう一つの深い方へは、私だけが浸かったが、水深3メートルで、階段の所しか足が届かず、とてもぬるいし、水きたない。
そばではカップルがいちゃいちゃ ブチュウー。

水着に着替える所で、女性二人と話す。
温泉から4時間離れた所にある、フォート・ネルソン(Fort Nelson) から、これまで何千回も温泉に浸かりに来たそうだ。

温泉から上がって服に着替える時には、これからアラスカ、フェアバンクス&アンカレッジ&デナリに行くのだというおばあさんと話す。
はじめ、妹と3人で RV(キャンピングカー) に乗るはずが、土壇場でおじさんが入ってきたので、車中が混み混みで困ると文句言っていた。

風呂出て、帰りしなに実家へ電話。
父母と話した後、祖母に替わるといって保留になり、そのまま切れてしまう。

夕食にテントのそばのテーブルで、携帯コンロつけ、ラビオリ缶、バナナブレッド、カップヌードル、フルーツ缶を食べる。
K氏30歳とわかる。
夜、高校生の音楽やかましい。


引越し日記4日目へ

メインメニューへ戻るアラスカ目次へ