アラスカ 〜 マサチューセッツ
カナダ横断引越し日記


メインメニューへ戻るアラスカ目次へ

1997年5月26日(月)第12日目

朝8時起床。
スーパーのドーナツと、部屋のコーヒーで朝食。
ホテルのフロントでトラベロッジ葉書の切手を買って出してもらうが、2枚分の切手が欲しいのになかなか通じなかった。

9時ウィニペグ出発。
シェルオイルでガソリン入れ、汚い窓拭く。
雲一つない晴天。
日焼け止め塗る。

10時14分、道端にバンビちゃん。逃げる。
道はプレーリーからスプルースに。

オンタリオ州の看板の写真12時ごろ、マニトバ州からオンタリオ州へ入る(写真。「Welcome to Ontario. We'll make you incredible.」と書いてある)
ボーダーに2つ、インフォ。地図をもらう。

12時半ごろ、(ケノラ市)Kenora へ到着。
湖のそばの町で、かわいい建物多く、ビデオに撮る。
ガソリンの値段高く、1リットル66セント。
このあたりの道はスプルース&岩が多く、変化に富む。くねくね道。

昼食に、スーパーの中のレストランで、ハンバーガーにフライ、コールスロー、アイスティ。

7時、アップサラ(Upsala) という、Middle Of Nowhere の町でトイレへ。
水が流れにくく、長いこと便器を見つめて途方に暮れる。
時間変更1時間あり。

本日のキャンプ場、カカベカ・フォールズ(Kakabeka Falls) へ夜8時過ぎ到着。
ここはスペリアー湖の北西、サンダーベイより20分ほど手前の、結構大きな川沿いの大きなキャンプ場。
シャワーやトイレ、水、アラスカのキャンプ場より充実。
シーズン前のせいか平日のせいか、人少な。
テントの上のシートをとって、網にしてみる。
夕食はカップ麺、ミートボール缶、フルーツ缶。


引越し日記13日目へ
メインメニューへ戻るアラスカ目次へ