まるテキ
まるちゃんとテキサス
観光食事買物イベント公園クラス交通地図リンク
カレッジステーションで妊娠・出産することになったらって話。



海外で安心して赤ちゃんを産む本



妊娠したかも?と感じたら、まずすること
プレグナンシーテスト
妊娠判定検査薬(ホーム・プレグラナシー・テスト Home Pregnancy Test Kit )を買ってきて、まず自宅で検査する。
おしっこをつけるだけなので、簡単にできます。

HEBやクローガーなどスーパーの女性用品売り場 Feminin や、CVSやウォルグリーンなどドラッグストアで売ってます。

生理予定日前から判定できる製品もあり。
病院では最終月経開始日 Last Period を聞かれるので、毎回生理日を記録しておきます。


健康保険について

健康保険(ヘルス・インシュアランス Health Insurance)については、初診前に解決を。

日本の保険(AIUや、海外赴任者総合保障制度や、国民健康保険など)は、海外での妊娠出産はカバーしていませんので、米国内で加入することになります。

出産までにかかる費用は、実費だと1万ドル前後(約100万円)で、これは病院によって違う&自然分娩か帝王切開かで違うようなので、実費で払う場合の予算を知りたい場合は、実際に自分がかかる診療所のオフィスで問い合わせを。

旦那様のステイタスや加入資格などによりますが、テキサスA&M大学関係者の参考になりそうなリンクは次の通り。
大学関係者 Texas A&M University
留学係 International
留学生サービス International Student Services
留学生の健康保険 International Student Health Insurance
教授の保険 Insurance


私が2010年にカレッジステーションで出産した時は、テキサスA&M大学と提携しているブルークロス・ブルーシールド BlueCross BlueShieldに加入して、定期健診、出産(帝王切開含む)、入院まですべてカバーされていました。

コ・ペイメント(自己負担金 Co-payment)では、私は少しもめました。
新規患者(ニューペイシェント New Patient)を受け付けている女医さんにしたら、こちらへ引っ越したばかりのお医者さんでコンピュータに情報が完全に組み込み終わってなくて「保険ネットワーク外の医者扱い」になっていたため、診察のたびに45ドルだったり200ドルだったり請求されました。窓口と夫と保険会社が数日やりとりした結果(夫、怒!)、窓口の手落ちとなり差額返金されました。変だと思わず過ごしていたらすごい金額になっていたことと思いますし、窓口の対応は「はあ?そっちが間違えてるんでしょ!」的な典型的アメリカンな感じなので、注意が必要と思います。


保険の種類によっては、まず主治医を決めないといけないとか、保険を受け付けている医者が決まっているとか、専門医には主治医を通してからでないと受診できないとか、いろいろ制約があることがあります。

主治医(プライマリー・ケア・フィジシャン Primary Care Physician = PC、またはファミリードクター)選びですが、保険会社の公式サイトを見て、そこに医者選択肢があるので、そこから自分の希望に沿った人を選んで、電話予約します。

「よさそうな医者」と言っても、保険の制約があるとそんなに選択肢がないし、出産病院は限られているし、早めに決めないといけないし、いったん決めた後どうしても気に入らないなら変更できるので、まずは適当に決めましょう。

(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


産婦人科医を決める

産婦人科医(オブステトリシャン&ガイネコロジスト Obstetrician & Gynecologist =OBGY)を決めます。

すでに自分の主治医がいれば、お勧めの産婦人科医への紹介状(リファレンス reference)を書いてもらい、産婦人科に電話予約を取ります。

産婦人科の先生はこの人がいいとか、こんな条件を満たしている人を紹介してほしいとか、この保険でカバーされている人がいいとか、はっきり希望を言って頼みます。
多分、紹介状と一緒に、該当産婦人科の電話番号と住所も教えてくれるはずです。

産婦人科医を自分で選ぶ場合
健康保険会社サイトや病院サイトを参考に産婦人科医の候補者を抜き出し、ご主人の仕事場仲間や赤ちゃん連れママさんに誰がいいか聞いてみるのもいいでしょう。

妊娠期間は9か月以内(日本では10カ月と数えるけど)と決まっていて、準備が出来る出来ないに関係なく胎児は育っていきます。
35歳以上の高齢出産の場合は検査も多めになりますが、「妊娠20週〜22週の期間にしか出来ない」とかの時間制約がある検査があります。
「どうしよう・・・」などと無駄に迷ってないで、早め早めの行動を。


(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


出産病院

定期健診をする診療所 Clinic が小さな所だと、出産施設は別の場所にある提携病院を指示されると思います。


カレッジステーション・メディカル・センター(ザ・メッド The Med)College Station Medical Center

私の産婦人科医は、すでに引っ越ししてカレッジステーションにはいませんが、定期健診&出産したのはここ。

大きな総合病院&診療所&ER。
小児科(UPA University Pediatric Association)も同建物内。
カレッジステーションのロックプレイリー沿いにあります。
陣痛・分娩・産後がすべてできる個室でした。


セント・ジョセフ・ホスピタル St. Joseph Hospital

ブライアンに大きな総合病院&診療所群&ER。
ここのブライアンの病院で出産した日本人ママさんもいます。
最近診療所の支店が新設され、カレッジステーションにも小さ目の診療所が出来てます。

陣痛・分娩・産後がすべてできる個室。


スコット&ホワイト Scott & White

Rock Prairie × 高速6号線に2013年に移転した大きな総合病院&診療所&ER。

この病院で出産した日本人ママさんもいます。
陣痛・分娩・産後がすべてできる個室。

(2015年1月9日更新)
このページの一番上にジャンプ!


受診の手順

産婦人科医のめぼしをつけたら、診療所(オフィス)の電話番号を調べ、妊娠(プレグナント pregnant)したらしいこと、初診であること、健康保険の種類を次げ、定期検診の電話予約をします。

担当ドクターの名前は重要ですので、覚えておいてください。

近年新しい診療所が増設されていて、曜日によって2つの診療所を掛け持ちするドクターがいます。予約時に診療所の住所を確認しときましょう。

電話しても、すぐ来いと言われるよりは、妊娠12〜15週目ぐらいに初診になるかもしれません。
ドクターに会うのは、2回目以降かもしれません。

電話が苦手なら、直接受付へ行くという手もあります。
でもいきなり行っても受付のみで、飛び込みで診察を受けられるわけではありません。

初診時は問診が多く、アレルギー、常用薬、病歴、予防接種履歴、最終月経日、自分の親兄弟の病歴など記入しますので、前もって調べて英語訳しておきます。辞書も持参で。オンライン問診表がある診療所もあるのでチェック。

旦那さんの職場の住所や電話番号、ソーシャル・セキュリティ・ナンバー、夫以外の緊急連絡先もご用意を。

検尿もあるので、そのつもりでお出かけを。

初診さえクリアすれば、その後の定期健診は診療所からの指示に従うだけです。

(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


母子手帳

母子健康手帳(親子手帳)」は日英併記のものがあります。

入手方法
ヒューストン総領事館の「母子手帳について(4つめの情報)」
2014年5月〜、ヒューストンで入手が出来るようになりました。記入は自分でします。
入手にはパスポートやビザのコピーがいるようなので、領事館サイトでご確認を。

母子手帳とは別に、子供の入学時に必要な書類「子供の予防接種カード Immunization Card」 は小児科でくれるので大切に保管、子供の検診時に毎回持参して看護婦さんに記入してもらいます。

(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


入院時に必要なもの

出産予定日が近づくと定期検診の間隔が「一か月→2週間→1週間」と短くなり、入院時の手続きや用意するものを教えてくれます。
理解できるまで看護婦さんに質問を。
荷物は前もってカバンにまとめておきます。下記以外にもあるかな?

2日で退院するため、書類作成に必要な赤ちゃんの名前を前もって決めておく。
(退院後に決めると手続きに余計な手間がかかります。)

出産前に小児科医を決めておく。

赤ちゃんの保険加入手続き。

赤ちゃん用カーシート(退院時に必要)
ウォルマートやターゲットで売ってます。私はアマゾン通販で買ったと思います。
使い方の予習&車にくっつける練習を出産前にしておきます。

赤ちゃん用の服。退院時に着せる用。
入院中に写真屋さんが病室に来て、撮影タイムがありました。自分のカメラでも撮ってもらえました。
ノーメイクのやつれきった自分の姿に衝撃・・・。

ママさんの前あきネグリジェ。入院中に着る。
ママさんの退院時の服。


ベビーブック。無くてもいいと思いますが、入院中に赤ちゃんの足跡を魚拓みたいにとってくれました。

歯磨きグッズなどの洗面用具、カメラやビデオ、携帯電話。

(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


出産前に家に用意するもの

赤ちゃんの服、ベッド、おしめ(最低でも新生児用 New Born 1袋、その次の大きさ1袋ぐらい)、おしりふき、ベビー用石鹸やベビーシャンプー、体温計(赤ちゃん用に短時間で測れるものが売っている)、授乳パッド(ナーシング・パッド Nursing Pads 丸いナプキンのような物を当てる)、授乳ブラ(ナーシング・ブラジャー、いちいち外さないで授乳できる)、哺乳瓶と調合ミルク(母乳が出ない場合に備えて)、一番大きい生理用ナプキン、退院直後用の食材や作り置きご飯など。

すべてHEB、クローガー、ウォルマート、ターゲットで揃います。

(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


里帰り出産にするか、日本から親に来てもらうか、夫婦二人でのりきるか

里帰り出産の場合
安定期に入ってから8か月までは一人でも飛行機に乗れるらしい(航空会社による、医師の診断書要かも)ですが、体調にもよると思います。カレッジステーションから日本まで遠いですしね。
赤ちゃんのビザや国籍、分娩できる日本の病院の確保、健康保険なども考慮要。

日本から親に来てもらう場合
自然分娩だといつ生まれるかは正確にわからないため、入院中に渡米日が重なるとちょっと困るかも。

ANA国際線 - らくのりサービス
JAL国際線 - JALファミリーサービス

部屋数の少ないアパートだと親の滞在場所も考えないといけません。

私は一人目は、出産は二人で乗り切り、出産2か月後に義姉にヘルプに来てもらいました。予後が良くなくてあまり動けなかったのでお願いしました。

二人目は、出産予定日の2週間前から1か月実母に来てもらいました。(一人目が2週間早く生まれたので)
生まれる前が長くて暇+出産後が短くなったけど、出産直後に1週間ほど母子で再入院したので、上の子を見ていてもらえて助かりました。

夫婦二人で乗り切る場合
入院〜産後しばらく(ママの体調による)旦那様に育児休暇を取れるようにしてもらうと安心です。

出産前に家事一通りを夫一人でもこなせるように準備を。
食事は、デリバリーもいろいろありますし、紙皿類を買い込んで皿洗いを回避した方もいます。

上の子がいる場合は、夫一人でも上の子の学校送迎が出来るようにしておきます。
有料ですが、放課後もそのまま学校で預かってくれるキッズクラブや、早朝夕方預かりのあるプリスクールもあります。

(2016年3月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


マタニティクラス

出産に備えて、マタニティクラス(出産のプロセスについて教えてくれる)の予約もおすすめします。
有料ですが不安の解消にも役立ちます。出産施設見学などもあるはずです。
妊娠中期〜後期前半ぐらいに夫婦で受講がベスト。

母乳育児( ブレスト・フィーディングBreast feeding)と、妊婦体操のクラスも役に立ちました。
アメリカでは母乳が出始める前に退院するし、日本のように飲む前後の体重を量って何グラム飲んだ、などとはやらないので、不安になると思いますが、生後2週間ほどは体重が少し減るのが普通のようです。
ただし、日本のような乳房のマッサージとか手入れ方法は教えてくれませんでした。

調乳についても、出産前に勉強&用意しておいた方が安心です。
日本とは、品揃えや器具が違います。(牛乳を飲ませちゃダメですし。)

定期検診やマタニティクラスには、旦那様と一緒に行くことができるように調整したほうがいいです。
英語の不安もありますが、妊娠すると記憶力が低下して何にも覚えられないし、出産後の旦那様の協力も得やすくなるし、立会い出産が普通なので。

日本からお母さんがヘルプに来る場合でも、英語環境なので、立会いは旦那様で。
帝王切開(シーセクション C-section、caesarean section)や施術を急遽することになった場合、旦那様が書類にサインしたりする可能性もあります。

正常分娩の場合は出産後48時間で退院、帝王切開でも4日後に退院させられるので、授乳、オシメ交換、へその緒の処置など、日本では入院中に病院側がやってくれるようなことも、すべて自分たちでします。

母体の回復具合によっては、家事のかなりの部分を旦那様がすることになる可能性もあります。

クラスを受講したい場合は、定期健診のときに申し込みます。

(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


出産時の処置について

会陰切開は、アメリカと日本の違いというより、先生によってすぐする人とあまりしたがらない人といます。
自分の先生や看護婦さんと、希望をはっきり言って直接話し合ってください。

帝王切開については、そのときの状況によるので、希望するかどうかの問題ではないと思います。

私の場合は、出産前に何回かアンケートがあって、切開(エピジオトミー episiotomy)希望、無痛分娩麻酔(エピデュラル epidural)希望、母乳(ブレストフィーディング breastfeeding)希望などきかれました。

それぞれの処置をする前に、よほど緊急でないかぎり、何をするか&他の選択肢の説明があるはずです。
ママさんは陣痛のため英語説明を聞くどころではないので、旦那様が決定することになるかと思います。
出産英語と処置の種類を勉強しておくと安心です。

切開などした場合、退院後に痛み止めが欲しいことがあります(私はありました)。
退院前にもらっておくといいと思います。モートリン(アイブプロフェン Ibuprofen)とかタイラノール(アセタミノフェン Acetaminophen)などの鎮痛剤。

(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


小児科医について

出産前に、親の主治医とは別に小児科(ペディアトリシャン Pediatrician)の医師を選んで、小児科医の診療所で出産直後の赤ちゃん検診の手続きをして、産婦人科医に小児科医は誰か伝えておきます。


私の場合は、出産したロックプレイリー沿いのメディカルセンターと同じ建物内1階に診療所があるユニバーシティ・ペディアトリック・アソシエーション University Pediatric Associationの小児科医にしました。(近いから。)

赤ちゃん用保険の手続きは、ブルークロスで出産前にして、出産直後(夫は数時間内に手続きしていた)に保険会社に生まれたという電話連絡をしていたと思います。

(2014年11月23日更新)
このページの一番上にジャンプ!


赤ちゃんの日本国籍取得&日本パスポート

アメリカで生まれた赤ちゃんの日本国籍取得は、生後3ヶ月以内にヒューストン総領事館に出生届を提出しないと、日本国籍が無くなるようですのでご注意を。

出生証明書原本(バース・サーティフィケイト Birth Certificate)が必要となるので、退院前に必要枚数もらっておくといいです。
日本とアメリカの2つのパスポートを作るなら、二か国分の枚数。

このバース・サーティフィケイトは、パスポート申請時や入学時など何かにつけて必要な重要書類なので、大切に保管を。

領事館への出生届は、届け出用紙請求&申請を郵送でも出来るようですが、郵便事情がよくないのでギリギリだと間に合わないです。
請求+申請書が届く+出生届郵送が各1週間かかるとすると、生後2か月以内に郵送申請開始した方がいいかと思います。
親子でヒューストンへ出向けば1日で済みますが、平日しか開館してません。


赤ちゃん連れで里帰り帰国する場合、赤ちゃんもパスポートが必要
出生届で戸籍に入るので、その次に手続きですね。

赤ちゃんの日本パスポートはヒューストン総領事館で作れますが、日数に余裕を持って手続きを。
親二人+赤ちゃん本人が受け取りに行かないといけません。

子供のパスポートは有効期限5年のみ
在米年数が長い場合は、お子さんのパスポート期限が切れないように気を付けましょう。失効すると余計な手間と料金がかかるよー。

遠隔地仮申請で日本パスポート更新(詳しい説明はこちら) 2016/1/15

遠隔地にお住いの方の為のパスポート仮申請制度」で、申請書を取り寄せると領事館に行く日が1日(申請と受け取りが同日)で済みますが、郵便事情によっては申請から受け取りまでに3週間ほどかかります。

2016年1月4日から、大使館・総領事館における「パスポート ダウンロード申請書」というのが始まりました。
ただし、「遠隔地のための・・・」のページは更新されておらず、イマイチよくわからない。

三水会館のヒューストン日本語図書館でもパスポート申請書が手に入ります。

(2016年1月26日更新)


赤ちゃんの米国パスポート

赤ちゃんの米国パスポートは、カレッジステーションのハーベイミッチェル沿いの郵便局で作れます。
親二人+赤ちゃん本人書類をそろえて申請しに行かないといけません。
米国パスポートは2カ月弱後に郵送されます。

郵便局 https://www.usps.com/
>International
米国パスポート情報 Passports


<1>ハーベイ・ミッチェル沿い郵便局(地図)のカウンター右端に予約アポイントメント用の赤バインダーがあり、直接行ってパスポート申請面接予約を自分で書き込む。
(電話しても誰も出てくれない。)

<2>そのカウンター真後ろにパスポート面接部屋のドアがあり、壁にパスポート申請用紙 Apprication があるので1枚もらい、家で記入。

<3>必要書類を郵便局サイトやアプリケーション用紙の説明を見ながらそろえる。
出産時に病院でもらえる出生証明書(バース・サーティフィケイト Birth Certificate)や親の写真付きID(米国免許証かパスポート)が必要。

パスポート写真は、当日郵便局で撮ってもらえる(多分。未確認。時間は余計にかかる。料金不明。)。
念のため前もって用意するならウォルグリーンなどのドラッグストアでも撮ってもらえる。

<4>申請書と書類を持って、両親と子供が一緒に郵便局で面接へ。


(2015年1月10日更新)
このページの一番上にジャンプ!




「まるテキ」まるちゃんとテキサスカレッジステーションのお医者さん