まるくる
まるちゃんとサンタクルーズ
観光地へ戻る食事リンク地図無料遊び場有料遊び場イベント
サン・シメオンにあるメディア王の大邸宅「ハーストキャッスル」体験談。
ビジターセンター外観2007年12月22日(土)、サンタクルーズから南へ3時間の「ハースト・キャッスル」へ日帰り旅行してきました!

まずは、ビジターセンターへ。

お土産物屋、トイレ、カフェテリア、映画館あり。
カフェテリアでは、お日様を浴びて栄養一杯のハースト牧場産牛肉を使ったハンバーガーあり。
お肉の販売もしてます。

映画館では、ハースト氏の一生とハーストキャッスル建築中の約45分の映画上映。(ツアー代に含まれている)
喜劇王チャーリー・チャップリンが、ハースト城でのパーティに招かれてはしゃいでる映像もあり。

センター内無料展示場では、子供が宝探しクイズに答えると粗品がもらえるよ。

時間になると、バスに乗ってハースト・キャッスルへゴウ。
バスは満員になる毎に出発し、そのバスの乗客が1グループ単位になって行動します。
もし予約時間より早めに着いたら、一つ前のツアーに変更してもらえないか交渉。

約10分で邸宅に着く(広!)。バスからは、牛やシマウマ(マジ?)が見えるかも。
カサ・デル・マー白いマフラーがダンディなツアーガイドさん。

後ろの建物は、数あるゲストハウスの一つ「海の家」だって。
ここからの眺めも最高です。
ネプチューンプールネプチューン・プール。

プールだか神殿だかわからない規模。
映画のセットのように、いい加減な材料で作られた部分と、本物の遺跡を運んできた部分が組み合わさって作られてるんだと。
プールへ入る時に使う手すりさえも大理石。
彫刻もいっぱい。
太陽の家数あるゲストハウスの一つ、カサ・デル・ソル(太陽の家)内部。

調度品もアンティークだけど、天井もいちいち凝ってます。

庭や建物外観もチェックチェック。
ハースト氏専用ルームがある建物本宅「カサ・グランデ」どどーん!

二つの塔についてるベルは、館内のオルガンに連動しているとか。
正面壁に埋め込まれた由緒正しき彫刻は、14世紀や15世紀のスペインのもの。

この一軒だけで100部屋以上もあるんだってよ。
廊下でいいから住みたいです。

正面玄関をいい状態で保存するために、ぐるっと回って裏口入場。
食卓
天井
食堂!

テーブルがかなり細いのは、対面のゲスト同士がおしゃべりしやすいように配慮されてるようです。

テーブルに並んでるのは、ちょっとショボ目のプレートセッティングと、大衆食堂そのままのケチャップとマスタード。
料理はどうでもいいっつうスタンス。

14世紀〜16世紀ごろの壁掛けタペストリーや、17世紀イタリア風木彫り天井などなど、あっちを見てもこっちを見ても、美術館のよう。

これら装飾は全て、「話のネタ」のために集めたというから、「会話」に関してはすごいこだわりです。

他にもミニ映画やビリヤード部屋も回る。



天井魚↑
ツアー最後の「屋内プール」。

これは深い!
中央に飛び込み台あり。

全体に青いタイルが敷き詰められていて、金箔タイルがアクセント。踏んで歩くのがもったいないー。

夜ここで泳いだら、星の中に浮かんでいるようだろうね、とガイドさん。
よく見ると、天井にもお魚が。細かいのね。

でも、この屋内プール、ゲストにはイマイチ人気なし。みんなネプチューンプールばっか行ってたんだって。

こんなに贅を尽くした大邸宅なのに、奥さん子供はニューヨーク住まい。こんな田舎に住めるか!って。

で、ハースト氏の死後、ステートパークとして一般公開されているのだそうです。
「あるところにゃあ、ある」を肌で感じるツアーでした。
ご注意:

◆ツアー中は、ガムなどの飲食禁止
◆写真撮影は、フラッシュを切って。
◆触っていいのはコンクリートか金属手すりのみ。大理石の柱や家具、ドア、壁などはダメ。
◆建物内では、カーペット上のみ歩く。
ツアーグループで固まって歩く。後戻りはできない。
日本語ツアー希望者は、前もって電話申し込み。
◆英語ツアーでも、ツアー冒頭に日本語パンフがもらえる。(州知事アーノルド・シュワルツェネッガー公認)
◆ツアーは約2時間弱。トイレはあらかじめビジターセンターで済ませておきましょう。
オンライン予約要。外周りも歩くので、天気がよい日を選んで。
階段があるので、ストローラーはダメ。
◆基本的に「見るだけ」で、展示品や建物自体に触ってはいけないので、聞き分けが出来るお子様向き。幼稚園児・小学校低学年には退屈でしょう。
◆ハースト・キャッスル Hearst Castle

住所: 750 Hearst Castle Road, San Simeon, CA 93452  地図
サンタクルーズから南へ片道約3時間。

◆地図で見ると、モントレーからビッグサーを通って1号線を南下すると簡単ですが、1号線はクネクネしていて片道1車線なので、運転が大変。海際を通るので景色は最高。

◆ワトソンビルを過ぎて、Castroville →サリナスへ入り、101号線を南下し、Paso Robles から海側へ行く道は、途中直線70マイルで走れるので、距離は少し長いけど運転は楽。景色は単調。

電話: (805)927-2020

時間: 8時半〜3時半ごろまで。主な祝日は休み。

料金: 20ドル〜30ドル(6〜17歳半額)。ツアー種類によって料金が違う。初心者はツアー1(Experience)を選択。
要オンライン予約。

まるちゃんとサンタバーバラ「ハーストキャッスル体験談(By Yさん)」もあるよ!



おまけ(By まるちゃん)◆ゾウアザラシ繁殖地

ハーストキャッスルから海岸線を4マイルほど北上した海辺に、野生の象アザラシが大量にころがってるビーチ Piedras Blancas があります。

←写真のビーチの端から端まで、びっしりです。

ゾウアザラシは、オスの鼻がベロンとしてます。象ほど長くはないけど。

説明看板がところどころにあって、よく見ると日本語でも説明が!こりゃ珍しい!誰がやったの!?
ぜひ読んでみてください。

まるちゃんが行った4月は、赤ちゃんかメスばかりのようでした。
ビーチには降りていけませんが、肉眼でもよく見える距離。双眼鏡があればモアベター。

しかし。風下に立つと、すんげえくっさいですっ!!!
おしっこと獣と潮のニオイがブレンドされて、もうたまりません。涙出てきます。

隣接駐車場は広いけど、トイレはなし。見物無料。
リスが走りまくっていて、しかも異様に馴れ馴れしいですが、野生動物なので餌はやらないでね!

このゾウアザラシを見るためだけにドライブする価値はないけれど、ハーストキャッスルまで行くなら、ついでにどうぞ。
アニョ・ヌエボの方がドライブ時間も短く、近くに行けますが、有料で、歩きます。

ゾウアザラシ Elephant Seals についての詳細はこちら

(2009年4月10日追加)

2007年12月28日更新