サンタバーバラ目次子連れでお出かけ>「ナチュラル・ヒストリー・ミュージアム体験談」

まるちゃんとサンタバーバラ
「サンタバーバラ自然史博物館体験談」


2009年4月7日(火)、クーポン/クーポン片手に久しぶりに行ってみました。

鯨の骨が修理中。
鳥の部屋がリニューアルされてた。
2009年の蝶パビリオンは、5月から始まるそうです。




2004年6月27日(日)、2度目の蝶パビリオンへ。

無料日だったけど、先月ほど(↓)は混んでいなくて、ほとんど待たずに2回も入れました。

行列が出来始めると、時間制限が始まるよう。

お友達とも何組かお会いできた。
先月もらった蝶の図解パンフに、一緒に○をつけていた子供たち。
一緒に行ったママさんの髪にとまったよ!

リボンみたいに、じっとしてました。




2004年5月30日(日)、4歳のまる赤、ナチュラル・ヒストリー・ミュージアムへ。
2004年9月12日まで、蝶の特別展示をやってます。

当日は月一度の無料日だったし、近くのミッションでイベントがあったので、蝶展示場 Butterfy Pavilion へ入るまでに2時間も行列待ち・・・(長すぎ)
ミュージアム会員は、少し早く入れてくれるらしい。

小屋中に沢山の蝶が放されていて、15分毎に20人づつほど入れ替わり制で入れてくれる。
お食事中の蝶。

入る前に、蝶の種類を図解したパンフをくれたので、まる赤ペンを片手に、見つけた蝶に○印。

ほんとに、鼻先すれすれをかすめて飛びます。

一緒に行ったお友達も、真剣に見ていた。
おお!まるちゃんの肩にとまったよ!

「もし体に蝶がとまっても、かんだりしないから、パニックにならないで。
手で触らないでね。係り員が取り除くから。
地面にもいるから、踏まないように気をつけて。」
とのこと。

なんだか見たこともない種類もいた。

通常展示の「虫の部屋」には、蝶のサナギがぶらさがった孵化器あり。
ピクピク動くサナギをお見逃しなく〜。


(2002年5月25日〜9月2日の期間は恐竜展開催中 →終了しました→2002年秋はプラネタリウム→2003年夏はマンモス。)

左の写真は、恐竜展の、柔らかい恐竜のタマゴとマット。
飛び跳ねたり転げたり、おおはしゃぎ。!


恐竜展は、触って遊べる特別展示場。
恐竜のロボットがあって、ぎこちなく動く。
それよりも、刷毛で発掘遊びや、足跡つけ、影絵遊び、お絵かきなどが人気。
まる赤(2歳9ヶ月)は、離れたがらずに大泣き、車に乗せるのに一苦労。
平日の午前中に行ったら、小学生の課外授業と重なって、ごった返していた。(→→→終了しました。)

サンタバーバラ目次子連れでお出かけ>「ナチュラル・ヒストリー・ミュージアム体験談」
2004年7月1日更新