フェアバンクス―カシツナベイ 日記

メインメニューへ戻るアラスカもくじへ

◆キングサーモンの街ソルドトナ◆

アンカレッジからさらに南下すると、妙にサケの看板が目に付く町がある。ソルドトナである。

ハワイアンな水色に乳を流したような美しい色の大きな川に、「アラスカのひっかけばし」(大阪人ならわかるでしょうか?)と呼びたくなるような光景が展開しているので、ああ、これが世界の釣り人の夢の川、キングサーモンのキーナイ リバーか、とわかる。

ボートに乗って川の中央で釣っている人、岸からキャスティングしている人、岸からでは満足できないのか腰まで浸かって釣っている人・・・。
リッチな人はボートを雇い、まあまあ余裕ある人は腰まで浸かり、金はないけど興味はある人は岸から釣ってるのかなあ?などと話しながら通り過ぎる。キーナイリバーは道路にくっついたり離れたりしつつ悠々と流れ、ボートの発着所があるところでは必ず釣り集団を見かける。実際釣っている人はなかなか見つからないのがミソ。

混雑を避けて、随分下流に行ったところでまるちゃんもしばらくお楽しみ。
「ここってキーナイ リバーか?」と疑問なほど閑散としていたので、きっと「ただの川」だったのだろう。もちろんサケはウロコ一枚釣れなかった。

そのかわり、こんなことがあった。

釣り中のまるちゃんの写真太股まである長靴を履いて、浅い川の中へ入って釣っていたまるちゃん(左の写真)のところへ、夫が血相変えて飛んでくる。「しーっ」と制しながら、「そーっとついてこい。」
車の側まで戻ったところで、「ムースの親子がすぐ側にいた」と言う。

ムースはシカみたいな馬みたいなやつで、不細工な顔をしていてアラスカ中にいるのだけど、子連れのムースは近づくと蹴り殺されるほど激しいやつなので、見つけてもさっさと逃げなければならない。でもまるちゃんは一目だけ見ようと、そーっと戻ってみた。薮のはるか向こうに動く茶色いやつら。こっちには気付いてないらしい。角はない。角のあるオスはアラスカ滞在中、一度も見ることがなかった。メスばかりウロウロしているのは一体どうしてだろう?


(前へ)釣り初心者の町ホーマー(次へ)ヒヤヒヤどきどき小型セスナ

メインメニューへ戻るアラスカもくじへ