アラスカ 〜 マサチューセッツ
カナダ横断引越し日記


メインメニューへ戻るアラスカ目次へ

1997年5月15日(木)第1日目

朝4時、腹痛。6時ごろまで吐いて下痢。
トイレでへなへなになる。

引っ越し前祝いとして前夜行ったレストラン「ピッツアベラ」のせい?
調子に乗って食べ過ぎた・・・

とてもじゃないけど、3週間もドライブできへんわ・・・夫には先に出発してもらって、後で飛行機で飛んでいこか・・・でもアパート引き渡しは今日やしなあ・・・
などなど、様々に思い乱れる。

憎たらしいことに、夫は高いびき。

7時、腹痛ややましに。
車に荷物つむ。

友達のアンさん、おわかれカード&バナナブレッド持って、さよなら言いに来てくれる。

9時、アパート管理人のシンディさん、チェックアウトに来る。
完璧に掃除しまくったと思ったのに、オーブンとその上に付いているカサが汚れていたので、20ドル払うはめに。

10時ごろ、2年半住んだフェアバンクスを出発
途中まで同行予定のK氏と3人で、まず郵便局へ。
車に積めなかった荷物を郵送する。

朝食は、車中で夫のみ、私は抜き。
昼も車中でマフィン。

マイルポスト The MILEPOSTという、分厚いドライブマップを見つつ運転する。
が、ほとんど一本道なので迷いようもない。

ノースポール→デルタジャンクション→トック の街を通過。
トック (Tok) の インフォメーションセンターで無料コーヒーもらう。

カナダの国境を夕方6時頃越えるが、K氏はパスポートも見せずにパス、出国カードをとらなかった。
カナダに入った途端、マイル→キロへ道路標示が変わる。
道、砂利&細い。

一日中考えていたこと、それは 「どこにトイレあるかなあ?」
しかし、トイレどころか店も家もない道が続く。
「あの木の陰ならしゃがめば見えないに違いない」などと、止めども無い。

クルーンウィルダネスビレッジと愛車ゴルフの写真今日は約11時間走り、運転は2回くらい(30分ほどずつ)替わっただけ。
夜9時半ごろ、本日の宿(写真。真ん中は愛車ゴルフ。屋根にスキーが乗っている)へ到着。
ユーコン準州のクルーン・ウィルダネス・ビレッジ(Kluane Wilderness Village) 泊。

夕食は携帯コンロを使って車横で缶シチュー温め、部屋で K氏と分ける。
他には、アンさん手作りバナナブレッド、フルーツ缶。
テレビでER やっていた。私たちで1つのベッド、K氏となりのベッド。
水、鉄くさい。
写真のフィルム1本終わる。

道中に見た動物・・・うさぎ(ひきかける)、ムース2回、レイブン。


引越し日記2日目へ
メインメニューへ戻るアラスカ目次へ