マーサズ・ビンヤード島 (マーサズ・ビニヤード)
Martha's Vineyard

ケープコッドからフェリーで約1時間。アメリカ人の夏のバケーションはマーサズビニヤードで決まり!
観光&レストランでシーフードの他に、ビーチ、パラセーリングやサーフィン。ゴルフ。乗馬。サイクリング・・・などなど。ケープコッドの古きよき時代を彷彿とさせるらしいが、夏の週末は全米から集まる観光客であふれかえる。
スピルバーグ監督が「ジョーズ」を撮影した場所。映画の中では地名は言わないけれど、「対岸」から「海洋生物学者」がやってくるシーンにニヤリ。
フェリー乗り場やフェリー内で地図とバスのスケジュール表をゲットしておくと便利。
なお、「ビニヤード」と「ビンヤード」は、どちらもVineyardのこと。

まる栗メインメニューケープコッド目次交通手段ライム病


◆ビンヤード・ヘブン Vineyard Heaven

年中通して営業しているフェリーの船着き場がある町はここだけ。
船着き場の前の Union St にバス乗り場。
レンタカー会社、レンタル自転車などの店もある。タクシー乗り場はバス停のそば。

◆ブラックドッグ The Black Dog(レストラン&土産物)

(508)693−9223.Beach St. Extension 予約できない。

夕食のみ。ワイン持ち込み可。
ここの「黒犬 T シャツ」は名物で、マーサズビニヤードへ行った!という目印。あちこちで同じデザインの T シャツを着ている人を見る。あのクリントンさんがモニカ嬢にプレゼントしたため更に有名に。
食事は行列覚悟で。
ブラックドッグのジェネラルストア(508)696−8182で、お土産だけ買うこともできる。
支店もあり、ベーカリー(508)693−4786 Five Corners (Main St) と (508)696−8190 State Rd ではパイ、ドーナツ、ケーキ、ペイストリー、クッキー、スープ、サンドイッチなど。

◆オーク・ブラフス Oak Bluffs

フェリーの船着き場がある町。ビンヤードヘブンからバスで行ける。( Ocean Park にバス乗り場。)バス停そばにタクシー乗り場もあり。レンタカー会社あり。バス停そばのオーシャンパーク前に、パブリックビーチが広がる。公衆トイレはビーチの両端と Kennebec Ave にある。

◆フライングホース・カルーセル (メリーゴーラウンド) Flying Horses Carousel

このメリーゴーラウンドは一味違うでえ〜。
薄暗い室内に古ぼけたお馬さんたち。小屋の一個所から輪っかが出てくるレールが突き出ていて、みんな手を伸ばして輪っかをかすめとる。馬の頭に立っている棒に、奪った輪っかを積み重ねていく。ブラス (真鍮)の輪っかを取ったらもう一度無料で乗れるとか。
この輪っかを取るのが難しい!1つは簡単なんだけど、2つ、3つを一度に取るのがねー。上手な人は5つも6つも一度にカシャカシャカシャ!そういうのは神業です。

場所は Lake Ave と Circuit Ave と Oak Bluffs Ave に囲まれた地点。
隣にインフォメセンターがある。バス停から歩いて行ける距離。
夏は毎日、春秋は週末のみ営業。電話(508)693−9481.料金1ドル。

◆ジンジャーブレッド・カテージ(カラフルな家並み) Gingerbread Cottages

おとぎ話のお菓子の家がこんな所に!しかもこんなに沢山!でも食べられません。誰か住んでいます。勝手に上がり込まないように。
ピンクや黄色を中心に、パステルカラーな家が並ぶ一区画。ビクトリア調なんだって。
バス停周りの家も豪華なような、ごちゃごちゃしているような、なんだか変った建築が並ぶ。
トリニティパークTrinity Park 周辺にある。
バス停 〜 カルーセル 〜 インフォメ 〜 ジンジャーブレッドと歩いて行ける範囲に集まっている。

◆オーク・クリフ・ダイナー Oak Cliff Diner

(SWOさん情報ありがとう!まる栗掲示板より転載)
私が是非お薦めしたいのは、私たちがディナーを食べたOak Cliff Dinerです。
サーバー(この人ミュージシャン)もFriendlyで、ついつい長話をしてしまったんですが、その会話の中で、オーナー兼シェフ(女性)は有名なNYの料理学校を経てWhite House でシェフもしたこともあるというすご腕。財産は作ってしまったのでこのレストランはHobby だとか。。。そういう生き方もあるんだね、素敵だねって話した。
オーナーも出てきて話もしてくれて、とってもWelcomed なきもちにしてくれました。
Dinerという名前であってDinerではまったくない。たしかに小さいがとっても素敵なレストラン。ダイナーという名は以前のその場所でやってたレストランの名を残したそう。
盛り付けも最高。貝割れ大根なんていう、あまりアメリカのレストランでお目見えしないなつかしい食材も使ってしまうしね、女性ならではのアイディアいっぱい夢いっぱい、そして自信であふれているといった味。その内容を考えると値段は悪くなかったです。
泊まるところは町から離れているから交通の便は特に冬は最悪かも。。。でもアットホームなB&Bです。朝食付き。
帰りは、バスで島を回ってみたいという私たちの要望を聞き、しかもだんなの長期出張間近という境遇を聞き、15分くらい先のバス亭まで車で送ってくれるという心の温かさ。。。感動でした。

→オーク・クリフ・ダイナーの住所電話番号、見つけられませんでした。わかった方、教えてくださいませ。(まるちゃん)
NEW(Aya さん情報ありがとう!03/9/1追加)
土曜日、Martha's Vineyardに行ってきました。
想像したより賑やかな観光地だったので、ちょっとびっくり。
かわいい街並み、美しいビーチと自然があって、夏を過ごすにはぴったりの地ですね。人気のあるのがわかりました。
Galleryもたくさんあり、絵画や彫刻などのアートが好きな夫は、お目当てのアーティストの絵を手に入れて満足気・・さっそく居間の暖炉の上に飾りました。
お天気が良かったので、ヨットが多数出航している様子がよく見えました。

◆エドガータウン

ビンヤードヘブンやオークブラフから、バス、タクシー、自転車などで行く。夏はフェリーでも行けるが1社のみで本当に運行しているかは不明。レンタカー会社あり。
レストランやお店が一番多く立ち並ぶ港町。ヨットやボートが波に揺れ、ウッズホールより幾分お洒落な感じのウォーターフロントになっている。
当時のまま保存されているという、捕鯨船の船長さんの豪邸( ウェーリング・キャプテンズ・マンションズ Whaling Captains' Mansions )が有名。

◆チャパキディック・アイランド Chappaquiddick Island

6月〜10月半ばのみチョコチョコと小さなフェリーが運んで行ってくれる、小さな島。Dock St ×Daggett にフェリー乗り場。ちょっとしたビーチもあり、自然いっぱいの小島らしい。
まるちゃん行ったことなし。

◆ゲイヘッド

四国でいえば土佐の位置。大西洋に面しており、ゲイヘッドクリフ Gay Head Cliff の眺めは最高らしい。
ヌードビーチでも有名(ホントか?ガセネタかもしれませんので悪しからず)。
ネイティブインディアンの住民が多い地域。
オークブラフやエドガータウンから離れているし、足を伸ばす観光客も少ないので店も少ないし、循環バスも通っていなくて不便。
ビンヤードヘブンやオークブラフ出発の2〜3時間のバスツアーに組み込まれているようなので、それを利用して立ち寄るといいかもしれない。
まるちゃん行ったことなし。

まるちゃんが行ったのは1997年に一回だけなのです。
お勧めレストランなんかがあれば教えて下さい。またボチボチ情報を増やして行きたいです。


まる栗メインメニューケープコッド目次交通手段ライム病について
2003/9/1更新