まるちゃんとファルマス
おすすめお散歩場所&イベント


メインメニューへケープコッド目次へ ◆ イベントのページも見てね


◆イースターのトレジャーハント(復活祭の宝捜し) Tresure Hunt

2001年4月14日(土)12時半〜ファルマス図書館の芝生にて。毎年イースターサンデーの前日土曜日開催らしい。

まず↓ウサギの着ぐるみと一緒に写真撮影
ボランティアのお兄さんがポラロイド写真を無料でくれる。人気があるので行列覚悟。


次に、図書館芝生に年齢ごとにロープで区切られたコーナーで、チョコレートキャンディーがばらまかれ子供が拾う↓
みんなかわいいカゴを持ってきている。
あっというまになくなるぞ!



◆シャイニング・シー・バイクウェイ Shining Sea Bikeway

ファルマスR28 Locust St.からボストン方面へ伸びる道と、ウッズホールのフェリー乗り場駐車場までの舗装道路。

↓木立の中や海沿いを走る。


自転車、ローラーブレード、ジョギング、お散歩、赤ちゃん子供連れ、バードウォッチング、野兎、白鳥。

途中にトイレや自販機は無い。
オイスターポンド Oyster Pondのそばに駐車して、そこからウッズホールまで海を眺めながらの短縮コースもいい。


◆ファルマス図書館地図

メインストリートの芝生と旗の向こう↓にある。

ビデオ、カセットブック Audio Book、雑誌、新聞が充実。ビデオは周期的に入れ替わるよう。
地下は子供用絵本とトイレ。

図書館カードはE.& W.& N.Falmouth、Mashpeeの図書館でも共通。

タイプライター、インターネット用コンピュータ、コピー機、冷水機あり。
暑いとき涼むのにもいい場所。
残念ながら日本語の本は無い。
入り口近くの掲示板にイベント情報あり。
カウンターで博物館などへの無料入場券を1日貸し出ししてくれる。
日によっては午前中、幼児向けの絵本教室を無料でやっている。 「赤ちゃんとケープコッド」図書館情報もご参照を。

↑ファルマス図書館前


ストロベリー・フェスタ Strawberry Festa

教会の庭にテント↓が張られ、イチゴジャム(11時ごろには売り切れる)、ストロベリーショートケーキ(日本のと大分違う)、ロブスターロール(具たっぷり)、ホットドッグ、バーベキューチキン(でかい)、手作りクッキーやパウンドケーキ、古本、ガレージセール(あまりいいものはない)、植物の販売、フェイスペインティング、子供の遊び場(ボール投げ入れとか空気の家(ムーンウォーク)など。有料。

↑2001年撮影。

テント下の椅子は数が限られているので、長時間過ごすつもりなら椅子を持っていくとよい。

駐車場は教会の裏、BankBostonの裏から図書館にかけて、向かいの白い教会の駐車場などに見つけやすい。
人気のあるイベントだよ!

場所は、St.Barnabas Church (ファルマス・メインストリート沿いのビレッジグリーンそば、茶色の教会)。
2001年6月23日(土)10時〜2時開催。



トニー・アンドリューズ・ファーム Tony Andrews Farm地図

394 Old Meetinghouse Rd., E.Falmouth。
電話(508)548−5257
Tony Andrews Farm Facebook

「Best of Farm」受賞。
イチゴ狩りができる。その年の気候にもよるが、6月6日頃〜7月2日頃の午前8時〜正午まで。熟したイチゴがなくなり次第閉園(すぐなくなる)する。

ストロベリーフェスタ(上記参照)に出店していたが、フェスタ開催1時間後に行ったらイチゴジャムはすでに売り切れており、手に入れそこなった。残念。

1999年6月26日(土)朝8時5分ごろ↓イチゴ狩りに行ってみたらこの日が最終日。

すでに10台ほど車が駐車してあり、8時半にはすべての畝に人がいるような状態。もう何週間か早ければシーズン真っ盛り、粒も大きいらしい。それでもスーパーのものと違い、真っ赤に熟して新鮮、甘くて味も格別。

入園無料、採ったイチゴは重さを量って買い取る。自分で入れ物(袋は駄目。タッパーやバケツ、浅い箱がいい)を持っていくと入り口で重さを量ってくれ、帰り際に入れ物重量を差し引いてくれる。

入り口の注意事項(割り当てられた畝で狩る、畝を飛び越えたりイチゴを踏んだりしない、緑の茎も一緒に赤いイチゴのみとる、子供歓迎だが、割り当ての畝以外に行かせないように気をつけるなど。)を守りましょう。

ちなみに訪れるお客さんにイチゴ畝の割り当てをしていた女性が、実は日本人だったのでびっくり。この農園は家族で経営しているとか。親しみを感じるとともに、毎年やってくるらしい家族連れが多いのにも納得。

イチゴの他に、時期によってレタス、マメ、トマトなどいろんな野菜・果物狩りもでき、小さな販売所↑(6月15日〜10月31日9時開店)も併設されている。

10月末の金土の夕方6時〜「ハーベスト オブ ホラーズ(恐怖の収穫!? )Harvest of Horrors」も開催。8歳以下には恐すぎるのでお勧めできないらしいゾ。詳しくは公式サイトへゴー!


アート & クラフト ストリート フェスティバル Art & Craft Street Festtival

2001年は7月11日(水)10時〜6時。

ファルマス・メインストリート沿いに、200店ほどのプロアーティスト達がテント↓を出し、歩行者天国になる。
どのテントもかわいい小物でいっぱい!衝動買いを押さえるのに一苦労。歩くのに疲れたら、通りの店で一休み。


↑2000年8月撮影。お友達と。

駐車場は、タウンホールの他、Katherline Lee Bates Rd.沿いに数箇所。すごい人出で路上駐車もいっぱい。3時過ぎの方が車をとめやすい。
Cape Cod Events - by CapeEvents.com Craft Fairsで日程&場所チェック!


◆ケープコッド ワイナリー Cape Cod Winery

グーグル地図: 4 Oxbow Rd, East Falmouth, MA 02536
電話(508)457−5592
公式サイト

7〜8月はワイナリーツアーも開催。ワインテイスティングも出来る。ここで作られた地ワインは、そのへんの酒屋でも手に入る。甘くフルーティなものが多い。オープン日時は季節によって違う。


◆グッドウィルパーク  Goodwill Park地図

R28沿い、West Falmouth。夜8時閉園。Palmer Ave.と Gifford St.の2個所入り口がある。

池(たくさんの人が泳いでいた)やアスレチックジム、バーベキュー台(炭などは持ち込み)、ピクニックテーブルなどがある広い無料公園。
赤ちゃんとケープコッド遊び場へ


◆7月4日(独立記念日)の花火

(Nさん情報ありがとう。)
ファルマスの花火はファルマスハイツの沖のあたりでやるそうです。去年(たしかそのあたりでやってたと思う)は私たちはサーフドライブのビーチ(ビーチステッカーを売ってる小屋のあるところ)でみましたが、なかなかよかったですよ。結構混んでて車置くところが見つかりにくいんですが、何とかなると思います。(去年は開始数分後についたけど何とかなった。)


メインメニューへ ◆ ケープコッド目次へ
2002年ごろ更新