まるテキ
まるちゃんとテキサス
観光食事買物イベント公園クラス交通地図リンク
テキサスA&M大学の「キャンパス内ウォーキングツアー」へ行ってきました!

テキサスA&M大学キャンパスツアー
Campus Tour Texas A&M University


大学見物申し込み説明
Visit Registration Form


セルフガイド・ツアーのパンフ
Self-Guided Walking Tour.pdf


キャンパス地図
Campus Maps


キャンパス内の見どころ
Campus Attractions


メモリアル・スチューデント・センター内の大学グッズ売り場
Official Bookstore


キャンパス内駐車場地図
Parking Maps(青い所)


一般駐車場説明
Visitor Parking

ボンファイアー・メモリアル体験談
ブッシュ博物館体験談
2015年5月、ディスカバリーの「リビング・イン・テキサス」クラスの遠足で、大学ツアーに連れて行ってもらいました!


↑大学メインキャンパスの「MSC メモリアル・スチューデント・センター」が集合場所。

MSC内には、ビジターセンター、チケット売り場、レストラン、本屋、スターク・ギャラリー美術展示室(入場無料)などがある。

先生が前もって無料団体ツアー参加予約をしておいてくれました。
全部で50人ぐらいのグループだったかな。

撮影場所の右後ろに有料駐車場(2時間4ドルぐらい)、左後ろにアメフト場カイルフィールド。

MSC内のビジターセンター受付カウンター
入口入って左手奥にある。

ここの向かいに、11階のレストラン(ユニバーシティ・クラブ)へ上がるエレベーターあり。

ラダーシアターで上演するミュージカルや講演なんかのチケット売り場(ボックス・オフィス)もここにあります。

時間になったらガイドさんと一緒に出発。
遅刻しても待ってくれません。
団体ツアーは1日数回ありますが、人気らしく、予定がわかっているなら早めに予約推奨。

団体ガイドツアーは、約1時間、キャンパスの屋外を歩きます。
夏は相当暑いよ!

↑今回のツアーガイドさん。エネルギッシュで超早口・・・!

キャンパス内でよく見かけるこの軍服のような制服。
テキサスA&M大学は軍事大学としての一面も持っていて、予備役将校訓練課程の在校生はこういう特別なユニフォームを着るようです。

で、彼はピカピカの1年生。
学年は制服で見分けられるようになっていて、

1年生(通称フィッシュ)=黒革靴+黒ベルト+無地帽子、

2年生(通称ピスヘッド)=黒革靴+白ベルト+黒線付き帽子、

3年生(通称バット)=黒革靴+白ベルト+白線付き帽子、

4年生(通称ジップ)=茶ブーツ+白ベル+金黒線付き帽子。

特にブーツは憧れで、1年生の彼はすでにブーツを注文したらしい。

コープス・オブ・カデッツ(士官候補生団)
Texas A&M University Corps of Cadets


このコープス・アーチの向こうへは行きませんでした。
が、続々とユニフォーム姿の人々が行き交います。

それがすべてイケメン・・・
どういうこと!?制服効果なのかしら。背筋が伸びてるから?引き締まってるから?
 
アカデミービルディングと呼ばれる建物へ。

写っている団体がツアーの皆様。
大学、めちゃ広い。
迷路のように入り組んでます。

まるちゃん、この時点ですでに駐車場の場所がわからなくなってる。
 
↑アカデミービルディングの丸屋根の真下です。

大きな鐘がぶら下がっているのは、「リバティ・ベル(自由の鐘)Liberty Bell」の複製。
第二次世界大戦で多くのテキサスA&M大学の学生が活躍した功労を称えて贈呈されたらしい。

丸天井てっぺんにはステンドグラスが入ってました。
 
↑丸天井の床には、こんなモザイク。

「シール」って言ってたような気が。紋章ですかね。
卒業生から大学へ贈られた卒業記念品だそうです。

この紋章は踏んではいけないんだって。
キャンパス内の他の場所にもあるけど、踏むと卒業できないとか単位を落とすとか、何か不吉なことが起こるとか。
 
サリー・ロス銅像 Statue of Sul Ross

1800年代後半に学長だったローレンス・サリバン・ロスさんの銅像。

彼の愛称「サリー」は、ピクサーアニメ映画「モンスターズ・インク」の主役モンスター「サリー」のサリーなんだって。
卒業生がピクサーの社員だったためとか。

さらに、「モンスターズ・インク2」の学校は、テキサスA&M大学をモデルに描かれてるとか言ってましたよ!


銅像の足元にはお賽銭がタンマリ。
花壇もあり、大学生の心の支えのような場所だそうです。

ガイドさんの説明は、こういう観光名所の知識だけでなく、大学の伝統や迷信、年中行事や歴史、などなどバラエティ豊か。

この大学が大好きで、お父さんもお爺ちゃんも通っていて、大学のことなら何時間でもしゃべっていられるぜ!だって。
 
↑これも「シール」。踏んだら不吉なことが!

サリー像前(アカデミック・プラザ)から線路方面にベルタワー塔を見る。

この撮影場所から右後方に「センチュリー・ツリー(千年樹)」っていう大きなオークの樹がある。

まあ、周辺は木だらけで見分けにくいかもしんないけど。

この千年樹をカップルでくぐり通ると永遠の愛を誓う間柄になれるとか。
プロポーズ場所として人気だそうです。

一人でくぐっちゃうと一生独身なんだって。

トラップ多すぎッ!

12人目の像 12th Man(E. King Gill)

ガイドツアーのラストは、アメフト場カイルフィールド前の「トウェルフス・マン」にて。
記念撮影スポット。

ここで、応援練習(イェル・プラクティス Yell Practice)を一緒にしたりしてから解散でした。

英語が超早口で聞き取れなかった部分も多かったですが、大学公式サイトのツアーページにちゃんと載ってるので、予習・復習でカバーできると思います。


とても大きな大学で、愛校心が強く伝統を大切にする校風なため、観光名所として見ても面白いと思います。

日本からのお客さんをガイドツアーするのもいいんじゃないかな。

ここに挙げた以外にも沢山の見どころ&伝統があるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。



駐車場

↑上の写真の場所(カイルフィールド)の左手に有料立体駐車場UCG = University Center Garage 地図)がある。

メモリアル・スチューデント・センターの北側には、2017年に出来た有料立体駐車場Cain Garage 地図)もある。

一般人はこの二つのどちらかに駐車おすすめ。
ラダータワー、メモリアル・スチューデント・センターの目の前です。

駐車場入口遮断バーでチケットを取り、出車前にビル内の機械か窓口で精算してから15分以内に出口へ。

駐車料金は1ドル~15ドル。クレジット支払い可。



まるテキカレッジステーションの観光
2017年12月11日更新