まるテキ
まるちゃんとテキサス
観光食事買物イベント公園クラス交通地図リンク
テキサスA&M大学の「獣医学部オープンハウス」体験談!

 2018年体験談!

ブッシュ図書館エッグハントボーウェン小学校スプリングカーニバル→そしてここ「獣医学部オープンハウス」のイベント3ハシゴの一日。
さすがにクッタクタでございます。


2時半ごろ到着。
すでに帰った車が多く、駐車場はすぐ見つかりました。

が、

やっぱり時間が無くて、「熊さん手術体験」「寄生虫観察」「爬虫類部屋」「アートコンテスト見物」のみ行きました。
学内ガイドツアーは時間が足りず。

まずは3時までの「熊さん手術体験 Teddy Bear Surgery」へ。
何とか滑り込みで受け付けてもらえました。
待ち時間がほとんどなくて、かえってよかったかも。とても人気のイベントで、1時間半待ちとかだから。

テディベア・サージェリー体験は年齢制限3歳~14歳です。

手術用帽子と手袋とマスクを受け取って、「患者さん patient」のぬいぐるみを選ぶ。
まだまだ大量に患者さんがいました!


↑手術室で外科医服を着せてもらう。本格的・・・。ま、ダボダボですが。


↑マンツーマンで、学生さんと一緒に手術

赤子の患者さんは足を骨折したらしいです。
で、添え木を当てたり、包帯を巻いたりして、治療完了。
患者さんはお持ち帰り。

帰宅後も、何回も包帯を巻きなおしたり、親の指を治療したりして遊んでました。

↑通りかかった部屋にふらっと入ったら、爬虫類部屋だった。

ここで蛇におさわりした赤子。
勇気あるのね・・・・。

獣医学部はとても広く、歩く距離もかなりあります。
パンフレットをどこかでゲットして、場所と時間を把握の上、効率よく回るのをお勧め。

トイレは建物内にあるので問題なし。
食べ物のブースはありますが、有料です。水やオヤツ持参推奨。
  2010年体験談!

2010年、まるちゃん&小学生の息子で行ってみました。

10時半ごろ行ったら駐車場が遠くにしか見つからず。
駐車場を往復する無料シャトルバスは11時~2時しか運行していません。

ペッティングズーの一角が一番人気。
ラクダやアルパカ、ロバ、ウサギ、馬などがいて、触れます。

この周辺に、本物の乳牛(乳搾りの様子を見せてくれる)、カウボーイの輪投げ体験コーナーなどもあり。
寄生虫骨の部屋犬の障害物レースなども。
あちこちに犬がいて触らせてもらえます。

もっのすっごい混雑です。
ホットドッグやジュースなどの簡単な食べ物ブース(有料、現金払い)あり。
ペッティングズーのコーナーにて
↑大学主催だけあって、非常にリアルなボディペイント。
反対側は筋肉だったかな(内臓だったかも)。

 
↑獣医学部はとっても広い。
建物の中の研究室も入らせてもらえます。

学生さんが、訪問者に標本とか研究内容とか、いろいろ説明してくれるよ!

 
↑標本・・・。グロっ。ナニが入っているのやら?

 
↑所せましとブースが出ています。

青い卵。デカい。恐竜でも入ってるんでしょうか。黄身も青いのかな?
カゴの中にある白いのはダチョウだと思うんだけど。

 
↑外の芝生では、犬の障害物競走。何回もやります。

この近くの建物の中では、「テディベアの手術」コーナーあり。
これは、子供が手術着を着て、人形を治療するっていう体験コーナー。
骨折した(つもりの)人形の手に添え木と包帯を巻いたりするの。
人形もらったよ。
ただし、このコーナーは超人気。半端ない行列覚悟。

 
輪投げ体験コーナー。手前の茶色いT字が牛。

牛や馬の治療部屋などを見学させてくれるガイドツアーもあり。


イベント名 獣医学部のオープンハウス
Texas A & M College of Veterinary Medicine Open House
日時 2018年3月24日(土)9A~4P、雨天決行。
場所 Veterinary and Biomedical Sciences Education Complex (west of the Large Animal Hospital)
駐車場とシャトルバスの地図

2017年から場所変更あり
料金 無料。
飲食料とギフトショップは現金要。
公式サイト http://www.cvm.tamu.edu/openhouse/

http://calendar.tamu.edu/vetmed/
#event_id/31630/view/event

電話 (956) 545-3291
内容 テキサスA&M大学獣医学部が主催する、体験型科学系イベント。
子供も一般人も参加可。
超人気のイベント



「まるテキ」イベント目次3月イベントに戻る
2018年3月27日更新