まるくる
まるちゃんとサンタクルーズ
サンタクルーズの観光地へ戻る食事リンク地図無料遊び場有料遊び場イベント
サンタクルーズのワーフ(埠頭)で釣れた&会えたモノ体験談。用意するものリストはこちら。
2009年6月28日

サバがキテます!!!

すっげー大漁!

もうね、釣竿は引越しトラックで移動中だってーのに、
ワーフへ行っちゃいましたよ。

そしたらもう、ガンガン、ビチビチ、釣りまくってんのよ!
く〜〜〜〜〜〜っ!

バケツにサバを放り込んでるおっさんに、
「写真撮ってもいい?」
って聞くと、

満面の笑み!
みんな釣ってる!
釣竿もって、サンタクーズワーフへ急げ!


↑階下から釣竿の行列を見上げる。

隙間もないほどの繁盛っぷり。
案の定、糸がからまりまくっておりました。

暑い日だったから、ビーチもすごい人だった。
2009年6月21日
サンタクルーズにて最後の釣りだよ!

上から、サバ5匹、イワシ2匹、アジ2匹。

イワシとアジが大きくてびっくり。

フライにして、美味しくいただきました。
ワーフから2箇所ほど、こんなに近くまで降りていける階段があります。

もし階段が下に降ろされていたら、カメラ持参でゴウ!

ワーフを支えている橋げたに飛び乗るシーライオンを見られることも。

出産期なのか、小さな赤ちゃんシーライオンが沢山いました。
2009年6月14日

烏賊折神、げっとおおおお!

お父ちゃん、でかした!

触ると「きゅいっ」って鳴きましたよ。
ほんで、色も変わる。
あんたすごいよ!

普通のサビキ釣り中に、この烏賊一匹だけ釣れました。
まるちゃん大興奮。
バケツに入れてみたら、真っ白になっちゃった。
この美白、うらやましいぞう!

2本だけ、他のとは趣きの違う足があります。
こんなに小さいのに、ちゃんと墨も噴いてました。

始めは気絶してたっぽい烏賊ちゃんでしたが、どうにか動き出したので、海にぴょ〜ん!
大きくなるんだよー。


ちなみに、
「烏賊折神ちゃん」はこちら↓
2009年3月8日

2008年は、月1回ぐらいしか釣りに行かず、ほとんど何もつれませんでした・・・。

というわけで、久しぶりにワーフへゴウ!

微妙な季節で、釣り人もほとんどおらず、魚もやっぱり釣れず・・・
・・・しかし!
お父ちゃんがスカルピンをゲット!

スカルピンは常連さんのお魚で、こいつは20センチぐらいでした。
小さいのでリリース。
頭デッカチで、あんまり釣り応えはありません。
味噌汁にすると旨いとか何とかいうウワサ。
カエルっぽい顔で、あんまり食べたくも触りたくもない雰囲気なんですが。

この後、まる赤がヒトデを釣り上げ、がっかりしながら終了。
2007年10月7日&10月14日

めっきり冷え込んできた夜明け前のピア。
それでも、この情景が見られるんなら、震え甲斐もあるってなもんよ。
近くで釣ってたおっちゃんが、タコをゲット、くれました。

今まで何度か、このぐらいの大きさのタコを釣ってる人を見たので、ワーフ周辺にいるみたいです。

子供たちに触られまくって、墨ふきまくってました。

→最後は海へリリース。「大きくなれよ〜う」
まる赤、キングフィッシュを釣り上げた。

20センチぐらいかな?
唐揚にして食べました。

こいつはなんだかネバネバしてます。体表が。
おめあてのサバは一匹も釣れず、代わりにジャックスメルトが釣れた。

このぐらいの ↓ 大きさ。

唐揚にしてみましたが、やっぱりこいつはあんまりおいしくない・・・。
もうアンチョビもサバもどっか行っちゃったみたいです。誰も釣ってないもの。

なぜか、パーチも全然おらず、変な感じです。
めずらしく、イルカが見えました。
2007年9月16日

アンチョビんちょっちょが大漁。

この日は、投網を使う業者さんらしきグループがいた。
ワーフ上から真下へ投網を投げて、すぐ引っ張り上げると、樽一杯ほどのアンチョビが!
はがれたウロコが海中をキラキラと舞って、とっても綺麗でした。

私達も、9時すぎから入れ食い状態突入。
あんまり釣れるんで、途中でお父ちゃんはリタイア。
魚を外す役に回ってくれたので、スピードアップして大量ゲット。

アンチョビ(イワシ)も、2〜3匹一度に掛かると、手ごたえがあって面白いです。
←95匹釣れました。

さばくお父ちゃん、肩こったらしい。
サバの方が労力少なくてええって。

まるちゃんも、ウロコとったり手開きしたり頑張ったけど・・・・・・最後は投げやり。

梅生姜煮、うなぎのタレかけてオーブンで蒲焼、カレー風味ムニエル、塩ふってオーブン焼き、トマトとニンニクで炒め煮、南蛮漬け。3日でなくなった。
調理後に背骨だけ取ったら、ポロッと取れるし口当たりも良く、グウでした。


→9月23日。
またまた鉄人レースで、一匹も釣れず。
ワーフ周囲をぐるっと泳ぐレース。1000人ぐらいは参加してたかも?
2007年9月3日

今年もサバとイワシの季節がやってきましたですよ〜!

手が汚くて写真を撮らずジマイでしたが、サバ、イワシ、カタクチイワシ、スカルピン(かじか)、ジャックスメルト、コッドの赤ちゃん、小さいカニ、小さいタコ、パーチなどなどが釣れてました。

去年より、サバもイワシもちょっぴり大きい感じです。
2007年9月9日

9月2日は大漁だったのに・・・
その後、パッとせず。

9月9日朝7時、ボードウォーク前から「鉄人レース」トライアスロンがスタート!
釣り始めた途端に目の前を大量のバタ足軍団が。
魚はびびったのか、さっぱり釣れず。寒いし〜。
小さなパーチは群れていて、餌をとられてばかりでした。餌、高いねんけど!きーっ!

それでも、アンチョビ3匹、小さいアジ3匹をようやくゲット、フライにして食べました。
アジって、ほんとに「ゼイゴ」あるのねえ(←初めて料理した)。

今年よく掛かるのが、写真のクネクネした細長い魚。
「コッド(タラ)の赤ちゃん」と勝手に思っているけれど、一体ナニモノ?
にょろりとした外見に似合わず、鋭い小さな歯がズラリ。
こわー。
2007年1月7日

2007年初釣り!
でもなかなか釣れましぇーんっ!

閑散としたピアに安心したのか、ラッコがすぐ足元で遊んでいた。

左の大きい母ちゃんラッコ、でっかいハマグリをゲット。(美味しそうだった)

右の2匹は、赤ちゃんラッコ。ちっちゃくて、クルクル回ったりじゃれついたり。可愛すぎ!

シーライオンのみなさん。
横向いて、片手&片尾を上げて浮かんでるのがいっぱい。
ようやく釣れた、初顔のお魚。
キングフィッシュ(Kingfish イシモチ、または White Croaker)。

キングという割りに小さいです。赤ちゃんでちゅか?
食べられそうな雰囲気の魚だったのでキープ。
生姜煮にすると、柔らかい白身でおいしかった。
こんなのも釣れた!
このシマシマが怪しい・・・けど、生姜煮で食べてみた。
生臭味があって、あんまり美味しくなかったです。こいつはまた釣れても海に戻そうっと。
スターリー・フラウンダー(Starry Flounder ヌマガレイ)のようです。
冬はぺたんこ魚の季節なのね。
サバやイワシは1匹も釣れず、ぺたんこが数匹かかり、この種類は1匹だけ食べてみた。
こいつはなかなかイケる。でも、小さかったので、ほとんど身がありませんでした。
パシフィック・サンドダブ(ヒラメ)ってやつだと思う。

まるちゃん、大きなカニも釣れそうになり興奮。(上げる前に落ちちゃったけど)
妙にトゲトゲしたカニでした。

→カニなどの甲殻類は、釣り針で釣ったらすぐ海へ返さないといけないルールがあるそうです。
2006年10月22日


サバ13匹、
ジャック・スメルト9匹、
ホワイト・サーフパーチ1匹。

3家族が合流して釣りました。
わいわい言いながら釣るのって楽しい!
みんなでさばいて、味見。
台所貸してくれた方、ありがとう!
上の写真で、上のまな板右下の魚を拡大。
ホワイト・サーフパーチ White Surfperch っていう種類だと思う。
パーチもこんなに大きくなるのねえ〜。
2006年10月8日

まだ暗いうちから出発、日の出をおがみつつ釣り。海上にオレンジ色の帯がキラキラして、幻想的でした。

いつも一番早起きは、まる赤。
まるちゃん、正月の初日の出さえ見たことなかったのに、最近はがんばって起きてます。
こんなに近くをラッコちゃんがプカプカ。
釣れたらどうしよー?
→釣れませんでした。

貝をコンコンたたく音やボリボリ食べる音まで聞こえる!

ワーフにはシーライオン(オットセイ)はいっぱいいるけど、ラッコはなかなか見られない。
お友達が釣ったサバ。

→釣り上げる途中で、鳥、横取り作戦開始!
→格闘!
→鳥、がんばりました。が、人間には勝てず?
→お友達、鯖ゲット。
→綱引きされた鯖は、ヨレヨレに。
ワーフの足元を大量のイワシが回遊。
橋の上からでも、ざざ〜って音が聞こえそうなぐらい良く見える。
沢山おるねんなあ。
いなくなっても、しばらく待ってるとまた来た。
↑上の写真を一部拡大&反射を処理してみると・・・

おおこわっ!ウナギですか?
(イワシやて)
パーチの切り身を入れて、沈めておいた網。

貝が!おおこわああああ〜っ!

貝って肉食なのねえ。
カタツムリより激しく身がビロビロ出て、角もびゃ〜ん!
「むさぼり食う」って感じの身のこなし。

降参です。

ヒラメが入っててほしかったのになー。
サバ23匹。

さばいてもさばいても、サバ!サバ!サバ!ですわ。
3枚におろし続けて3時間。

マジで筋肉痛になりました。
イワシ21匹。

生姜と梅干で甘辛く煮るのが一番人気。
小麦粉にカレー粉と塩を混ぜた衣をつけて、炒め揚げするのが2番人気。
ハンバーグもうまいっちゃ。
2006年10月7日

さばあああああ〜っ!

英語はマッケレル Macherel 。
背中にかなりはっきりしたシマシマ模様。

しめ鯖の作り方はこちら。
ずらり勢ぞろいのイワシ62匹。
英語はアンチョビー Anchovy。

入れ食いとはまさにこのこと!
もう釣れて釣れて笑いが止まりませなんだ。
ジャック・スメルト Jack Smelt も釣れた。
ワカサギの仲間らしいです。

身は少し青緑がかった白身で、かすかに泥臭いので、生姜やカレー粉を使った料理がグウ。

お隣で釣ってた人が並べてたヒトデたち。

「きらきらぼし」のメロディが頭を離れません。
ヒラメが網に入っていた!おお!


・・・でも小さいからって、速攻海へ返すアメリカ人。

もったいなー!
2006年10月1日

ヒトデを釣ったまる赤。
裏の真ん中に口があります。
足のいぼいぼからは、カタツムリの目みたいなのが伸び縮みする。

これって食べられるのかな。まずそうやな。
夏休みの帰国でおじいちゃんに買ってもらったサビキ用の籠。
オキアミが見つからないので、前夜おとうちゃんがエビをすりつぶしてます。
効果はばっちり!
周りも同じサビキ針を使ってるのに釣れてない。カゴが大事なのだ!でもアメリカには売ってない。なぜだ。
2006年6月2日

ずらり並んだ釣り人に混じって、釣り開始。
子供も中国人もおじいちゃんもお姉ちゃんも、のんびりやってます。
餌はエビかイカを小さく切ったものを使ってる人が多い。
カラフルなボードウォークの遊園地を背景に。
オットセイ(シーライオン)が釣り糸をかすめることもある。
釣れたでえ!!!
大人の手の平ぐらいの銀色の魚。
サーフパーチ(Surf Parch うみたなご)の一種だと思うんだけど・・・。
魚ってみんな良く似ててわかんね。
大きさは上のと同じだけど、模様と形がちょっぴり違う。黄色っぽいしましまがある。
シャイナー・サーフパーチ Shinner Surf Parch のようです。
これもよくかかる白身の魚。小さいからあんまり食べるとこない。
やったあ!大きな魚が釣れた!
ピカピカぴちぴち、うまそうなヤツ。

持参のクーラーボックスにワーフ上の魚屋で買った氷を入れて、お持ち帰り。
内臓を取るのはお父ちゃん。
頭で遊ぶのはまる赤。
料理するのはまるちゃん。

3枚に下ろして、生姜煮やフライに。
さばくの下手くそだから、ちょっとしか身が残りませんでした。
すっかり観念した様子の魚。
まんまんちゃんあん。
こりゃ食えんわい!
長いこと竿を放っておくと、たいていヒトデがくっついてきます。
いそぎんちゃくも。
ヒラメを釣った人もいた。
←大きな網を沈めて、魚の骨と頭を餌に、カニやロブスター狙いの隣の家族。
小学生の男の子がうんうんロープを引っ張る。
パパさんは持参の折りたたみ椅子に座って眺めてる。
こんなにたくさんのヒトデが入ってました。
一つ一つフリスビーにして、海へ投げっこして遊ぶ子供たち。

他に、イルカ、ラッコ、ペリカン、アザラシが見えることも。
運がよければ鯨が遠くに見えるかもしれないそうな。
双眼鏡持参お勧め。
2007年9月4日

釣りってやったことないけど、行ってみたい!という方に。

用意するものは、

・釣竿とリールと釣り針とおもり、
・浮き(なくてもいいけど)、
・氷(8時半ごろになると Stagnaro Bros という魚屋さんで、一袋2ドル弱で買える)
・えさ(エビやイカが主流。Stagnaro Bros で、1ポンド約7ドルで Bait Shrimp を売っている)
・クーラーボックス(お持ち帰り用)、
・バケツとロープ(魚を生かしておくなら)、
・ナイフ(えさを切ったり、釣り糸を切ったり)、
・細長いペンチ(飲み込んだ針を回収しやすい)、
・タオル(手を拭いたり、魚をつかんだり。ペーパータオルでも)、
・汚れてもいい服(朝は寒いので重ね着。手すりはカモメの糞で汚い)、
・現金(餌や氷やおやつを買ったり、駐車場代払ったり)、
・カメラ、帽子、日焼け止め、双眼鏡(オプションということで)、
・さばくならマナ板と包丁とエプロン(ワーフ上に水道とさばく台もある)
・ワーフ上から釣る場合は、フィッシングライセンスは不要。船釣りはライセンス要。

釣具レンタルと餌のお店もワーフ上に2軒。
◆手前にある Santa Cruz Boat Rental(朝6時開店。釣り船で出撃!な本格派はここへ)
◆先っぽにある Andy's "End of the Wharf" Bait & Tackle(いつも閉まってる気がする)

◆朝10時半までにワーフを去ると、駐車料金が無料なので、朝5時〜朝10時過ぎまで行くのがお得。

◆トイレは2箇所。レストランや土産物店も並んでます。

サンタクルーズ・ワーフ公式サイト Santa Cruz Wharf

ワーフの駐車料金情報

釣り関係の法律はこちら California Department of Fish & Game
特に船でコッドやロックフィッシュ釣りに行く場合は、キープしてよい種類、大きさ、数、に制限があるので、要チェック。

まるちゃんお気に入りの土産物屋さん Made in Santa Cruz

釣り船もクジラ見物も!な方はこちらへ Stagnaro Sport Fishing

まるちゃんとサンタクルーズ目次へ
2008年7月2日更新