まるくる
まるちゃんとサンタクルーズ
観光地へ戻る食事リンク地図無料遊び場有料遊び場イベント
サンノゼにある奇妙な豪邸「ウィンチェスター・ミステリーハウス」体験談。
ガーデンツアーの庭からの眺めサンノゼ・ダウンタウン、サンタナ・ロウやバリフェア・ショッピングモールのすぐ近くにある、「ミステリーハウス」

不思議現象で有名なサンタクルーズの「ミステリースポット」とは全然違います!

こちらの「ミステリーハウス」、霊媒師の助言にとりつかれたライフル銃メーカーの未亡人が、ありあまる資金に物を言わせ、82歳で亡くなるまでの38年間、毎日24時間、増築し続けた豪邸。

9歳児がいるので、基本の「マンションツアー」のみの入場でした。

ツアーは、20人ほどのグループに一人ガイドさんがつき、約1時間、邸内を歩く
160部屋あるうちの110部屋を回るとのことだけど、開始5分後にはすでに何部屋目なんだか???

1884年にスタートした建築ですが、最盛期には7階建て。
地震の被害で、現在は4階建てに。

幼児時代のまる赤が作っていたレゴ作品をほうふつとさせる、むっちゃごちゃごちゃした造りです。

とりあえず上って、意味もなく下りる階段などもあり1つ目の部屋に、往年のサラ・ウィンチェスター Sarah Winchester 未亡人の唯一残っている写真あり。

サラさんは、とても小柄な女性で身長150センチ弱。
それに合わせて、階段も通路も何もかもがチマチマ作られてます。
階段は367段・・・なんだけど、1段がすごく低い(←写真)

彼女の性格がまたなんちゅうか、アレでして。

ウィンチェスター銃で殺された人たちの亡霊を恐れてた。
「13」に対する異常なこだわり
実は新しいモノ好き。
お客さんを招くわけでもないのに、寝室40部屋に台所6つ。
雇い人がちゃんと働いてるか、あちこちから監視。
気に入らない人は即クビに出来るように、賃金は日払い。

サラさんの日収は、現在の価値で200万円ほどあったとか。
途方もない金額。

でも、幸せだったのか?
それはミステリー。
ステンドグラスなのに太陽の光がささない場所だったり一番高価なステンドグラス!ティファニーのステンドグラス(←写真)

サラさんお気に入りのデイジーの花をデザインしたステンドグラス、くもの巣デザイン柄の窓もあり。

地震が起きた時に閉じ込められた寝室、
水切り傾斜みぞ付きの台所、
ドアを開けると壁、
階下へ落ちるようになってるドア、
天井へ続くだけの階段、
上って下りるだけの階段、
壁に取り付けられた窓、
床が取り外し可能な温室、
エレベーター、
3方向から噴出するシャワー、
サラさんしか入ることができないドアノブのない部屋。

・・・・・・・どや!まいったか!ってな具合に、アイデアあふれる空間となってます。
最後の瞬間まで工事中だったって。息を引き取ったベッド。

庭に三日月型の植え込みがあるのですが、
その三日月が向いてる方向が、この最後の寝室なんだって。

おおこわ。



しかし。

大工さんも大変だわ。
毎日毎日、しかも24時間だから、夜中の3時とかでもトンカチトンカチ。
薄暗いランプの光を頼りに。
一族が作った武器で死んだ人たちの亡霊がウロツクといわれる、呪われた屋敷で。
80歳の老婆が監視する中を。

ガクブルです。
ビクトリア調の庭を勝手にまわる、「ガーデンツアー」が、意外と気持ちよかった。
見所ポイント10箇所には説明もあり、日本の庭師さんが手を入れてるのかな?と思いながら、ゆっくり散策。

土産物屋さんも広い。

隣に小部屋があって、「アンティーク博物館 Winchester Antique Products Museum」と書かれてて、
なぜか懐中電灯がずら~っと並んでた。
こんなのコレクションする人いるんだ・・・・・・いったいどんな価値あるのか、さっぱりワッカリマセン。
割引クーポンにぎりしめ、冬休みに家族3人でゴウ。
10年以上前に夫婦で来たことあるので実は2回目ですが、入場料が高いし、説明も展示も変わらないので、1回行けば十分。
でも、世界に一つしかない家ということで、一度は行ってみるとよろしいのでは。

エアコンがないので、えらい寒かった。
夏はむちゃ暑いらしい。

ツアーグループからはぐれると、マジで出られないので、ちゃんとくっついて歩きましょう。
ときどき「オリジナルの床だから、カーペットからはみ出ないでね!」と鋭く注意されます。
飲食禁止。
階段があるので、ストローラーは不可。
トイレもあらかじめ済ませてね。
(2009年5月27日追加)

後日。

遊びにきた妹と一緒に、大人のみツアー「ビハインド・ザ・シーン・ツアー」にも行ってみた。

基本のマンションツアーの後、ヘルメットをかぶって地下室や秘密部屋(?)にゴウ!
地下室に行けるようになったのは結構最近のようです。

別々に二つのツアーに行くより、コンボで一挙に行くほうがお得。
裏方さん事情に興味ある方はどうぞ。
◆ウィンチェスター・ミステリー・ハウス Winchester Mystery House‎

住所:
525 South Winchester Boulevard, San Jose, CA 95128 地図
無料駐車場隣接

(408) 247-2101

時間:
9A~5P(夏と週末は~7P)、ガイドツアーは約1時間強。
クリスマス閉館

料金:
マンションツアー: 大人26ドル、65歳以上23ドル、6~12歳20ドル、5歳以下無料。

グランド・エステイト・ツアーと、ビハインド・ザ・シーン・ツアーは、10歳以上のみ可。

ガーデン・ツアーは、無料セルフガイドで。
割引クーポンを見かけることがある。

開催日数は少ないけど、Flashlight Tours (45ドル、13日の夜6:30P~真夜中)という、
懐中電灯を持って真っ暗な中を回るツアーもあるようです。

ウィキペディアのミステリーハウス日本語の説明→訪問前に一読おすすめ!

2009年1月8日更新