まるちゃんとサンタバーバラ目次>「英会話クラス」>英会話スケジュール表の見方親子教室

まるちゃんとサンタバーバラ
「英会話&カルチャークラス」


SBCCのアダルト・エデュケーション(生涯教室)の他に、
UCSBの留学生家族向け英会話(OISS)情報について。


◆サンタバーバラ・シティ・カレッジのアダルト・エデュケーション&ESL(英語のクラス)
Santa Barbara City College / Adult Education


アダルトエデュケーション(英語)公式サイト・トップページ
クラスの種類&日時&場所(百箇所以上あり) Schedule of classesにスケジュール表、
英会話クラス ESL(English as a second Language)

具体的な開催場所、時間、料金 Fee、登録 Registration 、予約登録 Pre-Registration の有無、などは、取りたいクラスのそれぞれの説明Schedule of classes)を見てください。


スケジュール表・クラス説明の見方はこちら。(2008年5月15日追加)


注意!前学期と同じ内容のクラスを再度とる場合でも、手続き方法や時間や場所は学期ごとに変更されることが多いので、公式サイトで直接確認をしてください。


◆春のクラスは、スケジュール発表が3月末(日)、授業は4月初め(月)〜5月中旬(土)。

夏夏のクラスは、スケジュール発表が5月、授業は6月中旬(月)〜8月中旬(土)。

◆秋のクラスは、スケジュール発表が5月、授業は8月末(月)〜12月中旬(土)。

◆冬のクラスは、スケジュール発表が12月下旬(日)、授業は1月初旬(月)〜3月中旬(土)。

ショットセンター
Alice Schott Center


住所: 310 W. Padre St., Santa Barbara, CA 93105-4366

電話: (805)687-0812
(FAX) 569-5457

グーグル地図
まるちゃん特製地図

(「スコット」ではなく「ショット」と発音するそうです。Yummyさんご教示感謝!)

(mi-mamaさん情報ありがとう!2008年5月12日追加)
ショットセンターよりウェイクセンターの方が、クラス数が多いみたいです。
ウェイクセンター
Wake Center


住所: 300 N. Turnpike Rd., Santa Barbara, CA 93111-1931

電話: (805)964-6853
(FAX) 964-7564

行き方:
101号線を Turnpike Exit で降り山側へ。
Calle Real 交差点を過ぎたらすぐ右手に無料駐車場への入口。
センター内の地図やオフィスは芝生の向こう(敷地内ほぼ中央)。各クラスの説明ちらしが並んでいる辺り。

グーグル地図
まるちゃん特製地図
オフィスアワー(事務局営業時間)

月〜木:8A〜8P
金:8A〜4:15P
土:
ショット8A〜12:15P
ウェイク8:30A〜4P

場所はショットかウェイクセンターの建物内。

無料スケジュール表(印刷物)は事務局でもらうか、発表日の地元新聞 Santa Babara News-Press にもはさまれている。
◆ルートさん情報ありがとう!うさちゃん付きのコメントは、経験者ルートさん提供の情報です。)
まるちゃん解説登録(レジストレーション Registration)

受講するためには、初回にレジストレーションをします。


ルートさん情報感謝!→ 一つはセンターへの登録学校で使うIDカード
名刺サイズの
アダルト・エデュケーション・アイデンティフィケーション・カード(右の写真・提供ルートさん)(社会人学校の学生証 ADULT EDUCATION IDENTIFICATION CARD)というのをもらいます。
これに9桁のIDが書いてあります。

→2003/1(by まるちゃん)事務所へ行ってこの「IDカード」を作ろうとしたけど、必要ないと言われてしまった。
コンピュータや太極拳のクラスを受講したけど、どちらもID番号なしでも何も言われなかった。
クラス登録時に記入するマークシートのソーシャルセキュリティ(SSN)欄も空白でもよいとのこと。
(英会話教室だけ必要なのかな?)

→2003/9(by まるちゃん)前学期とは、細かい手続きやクラス開催時間場所が変更されているようです。
スケジュール表の事務手続き関係の欄に目を通されることをお勧めします。

もう一つはクラスへの登録
クラスの先生に受けさせてもらいたい旨を伝えると、マークシート一枚をくれ、それに記入。
上記9桁のIDも記入。これによりクラス名簿に登録します。


まるちゃん解説登録には本人と確認できるようなID(ソーシャルセキュリティナンバーSSN など)が必要らしい。

ルートさん情報感謝!→ 私は確か何も見せなかった気がする。
センターでよく使うIDとは、センター発行の9桁IDのことをさす場合が多いので注意です。
クラスへの登録時に記入するマークシートのSSN欄もセンター発行の9桁IDを記載します。

実は以前はみんなSSNを使って登録をしていたようなんだけど
SSNが簡単に取れなくなってきたので、SSNを持っていない人でもセンターに来れるように、センター独自のナンバーを取得するようになったとのウワサを聞きました。

まるちゃん解説登録は、普通は第1回授業の時にしますが、
各クラスの説明の欄に指定があればプレレジストレーション(前もって登録 Preregistration)で学期開始直前(1週間ほど前)に申し込みする場合もあり。
プレレジストレーションが必要なのは、アート、クッキング、ダンス、コンピュータなどのクラスに多い。

プレレジストレーション要なクラスが一挙に増えましたので、前学期と同じクラスを取る予定の方も、必ず一度スケジュール表をチェック。

まるちゃん解説見学のみは不可と書かれている。

ルートさん情報感謝!→ 名目はそうなの?実質は全然okよ。
一応先生は初めて来た人の顔はわかるので、何か聞かれるかもしれないけど、ちょっと受けようかなぁと思って見学しに来ました〜って言えば全く問題ない。
しかも途中から来てちょっと見て、すぐ帰っても問題ないと思う。
実際一コマだけ来る人いっぱいいるよ。


◆くじ引き&キャンセル

基本的に初日に来た人のうち、早い者勝ちで、定員オーバーの場合はくじ引き。
一般的に人気があるクラスは、ガラス工芸 Glass Arts、ジュエリー作成 Jewelry、クッキングです。
初日に定員オーバーの場合でも、通常どのクラスでも週を重ねるごとに参加者が減っていくものなので、あきらめずに次週先生に直接交渉すると参加できるかも。

クラスでは、毎回名簿(サイン・イン・シート Sign-in Seets)にサインをします。
初回登録人数が定員割れのクラスは、その学期のクラスが全て即キャンセルされます。

クラス開始後も、2週連続で規定生徒数が集まらない場合、出資の関係で3回目以降のその学期のクラス全てがキャンセルされてしまいます。
この場合、支払済みマテリアル・フィー(材料費)などは返金されません

まるちゃん解説学期の途中で参加

定員数にもよるし、先生がオッケーするかにもよるので、オフィスか先生に直接お尋ねを。
結構気楽な感じで、都合が悪ければ休んでもいいし、遅刻早退してもいいらしいので、融通は利くのでは。

ルートさん情報感謝!→ たぶん直接クラスの時間にのぞいてみるのが早いかも。
私はウェイクセンターしか知らないけど、ホントあまり堅苦しい感じではないと思います。


◆料金

政府が出資しているため、授業料は無料。
材料費(マテリアル・フィー Material Fee)として、1学期につき5ドル〜数10ドルかかるクラスもあります。
英会話は無料ですが、料理やアート系は大抵材料費がいります。子供のクラスも工作代として10ドル前後が多い。
パーソナルチェックか、お釣りなしの現金で、プレレジストレーションか第1回の授業の時に、オフィスまたは先生に支払い。
領収書(レシート receipt)が欲しいなら請求を。

ルートさん情報感謝!→ ALULT EDUCATIONは地域の人たちのために政府が経費を出して開催している学校です。
なので、お金がない人も勉強できるように、との考えだと思いますが
基本的に何も費用はかからないと思います。(材料費除く)

ESLの場合、
鉛筆、ボールペン、ノート、ファイル(結構シッカリしてる)まで1人1つずつもらえました。
穴あけパンチも教室においてあるし、使用する教材も教室のロッカーにしまってあって貸してくれます。
授業で使用した教材で、自宅で勉強したい場合はオフィスで購入できます。


まるちゃん解説英会話のクラス English As a Second Language (ESL)

英会話だけでも40以上のクラスがあるので、どのクラスを取るか、取れるかは、レベルわけ&自分の希望を考慮して。
クラスは、10週前後で1学期。

時間は、たとえば月〜木&金の9A〜正午 または7P〜9Pなど。とても沢山の選択がある。

場所は、ウェイクセンター、サンタバーバラ・ハイスクール、ショットセンターを始め、いろんな学校の部屋を借りていて、クラスによって決まっている。

クラスの種類は大きくわけると、
・初級 ビギニング ESL Beginning これは更に6レベルに分かれている。
・混合 マルタイ・レベル Multi-Level ESL
・英会話(カンバセーション・ワークショップ・レッツトーク ESL Conversation Workshop: Let's Talk)ウェイクセンターRoom16にて。これはネイティブスピーカーとのおしゃべり。月木5P〜7Pごろ。

普通、英会話教室に集まるのは、英語を母国語としない人なので、クラスメートとのおしゃべりは聞き取るのが難しいです。(なまっててわかんない!)
いろんな国の話が聞けること、自分がしゃべる練習になることが良い点。

ルートさん情報感謝!→ ESLはコース開始初日から3日間くらい、クラス分け専用の教室が設置されてました。
自分のレベルを判断しかねる人は、その教室でA41枚の簡単なテスト(中学生レベルのことがわかっていれば100点とれるようなテスト。単語のつづりを埋める問題もあり)を受け、
教室の前にいる先生に答えをチェックしてもらい、ちょっと2、3分簡単な会話をします。
で、「あなたにはレベル○のクラスがいいと思う。だけど簡単すぎたり難しすぎたら、いつでも変わっていいのよ」
みたいなことを言われます。
本当にクラスを自分で変更することもOK。
ただしクラスの人数制限が一応あるのでクラスの先生に一言いう必要はありますけど。

その場でセンター発行のIDも発行してもらえます。

ただし、初日近辺は混雑。
実際私はコース初日に授業開始の9時より10分くらい前に行きましたが、
メチャクチャ混んでいて、既に50人以上来ていました。
テストを受けるために待っている人たちの長蛇の列が教室の外にも続き、
結局手続きが終わったのが1時間半後でした。(;^_^A

自分が受けたいクラスがハッキリしている場合、直接クラスに行ってもOK。
その場合、センター発行IDがない場合は、後でオフィスに行って登録すればOKです。

まるちゃん解説毎年4万3千人もの生徒がこの「アダルトエデュケーション」を受講する。
このプログラムは、語学学校というよりは、社会人のための生涯学習の場という感じ。
他の地域のアダルトエデュケーションに比べ、サンタバーバラのは「クラスの種類がとても多い」「安い!(他州の親子教室は同内容で60ドルぐらいだった)」ので、まるちゃんお勧めです。

英会話以外にも、
アートや
ビジネス、
コンピュータ、
料理、
ワイン、
陶芸 Ceramics、
キルティング Quilting、
宝飾 Jewelry、
ダンス、
ミュージック、
写真、

などなど、すっごく沢山のクラスがある。
1回のみ〜数回だけの短期クラス(ワークショップ Workshop)も沢山あります。
ただし、ワークショップは、人数不足でキャンセルされることも多い。

英会話に限らず、自分の興味のあるクラスに行ってみると楽しめると思います。
特に料理や美術関係、エアロビなどの運動は、多少英語があやしくても気にしなくてよさそう。
いわゆる「アメリカ人」と知り合うには、英会話以外のクラスの方が可能性高し。


親子クラス親子で参加できるクラス←まるちゃんの詳細説明はこちら。
上にある情報は、学校の公式サイトやスケジュール表を見ながら書きました。
まるちゃんが直接クラスをとった体験談ではありません。

英会話教室やカルチャークラスに関する上記以上の詳しい質問は、学校のホームページかオフィスで直接お調べくださいね。

(2004年11月12日更新)


UCSB大学の英会話クラス
OISS( 留学生事務所 Office of International Students & Scholars) の
ECP( 英会話 English Conversation Program)


日時:
春学期(4月〜6月初め)、秋学期(9月〜)、冬学期がある。
月〜金10A〜12P、1〜3P。いくつ参加してもよい。
が、9月から始めるほうが、下のソーシャル・アクティビティ代の面でお得らしい(春からだとあまりイベントがないから)。

場所:
UCSB大学構内、OISS classrooms. ビルディング434。El Colegio Rd 突き当たりの奧まったところ。

料金:
基本的には無料だけど、ソーシャルアクティビティ代(パーティ等)として、秋25ドル、冬20ドル、春15ドルの支払いが求められるよう。

対象:
留学生や、外国からの研究者の家族。

ソーシャル・アクティビティ social activities は、動物園や博物館へのツアー、パーティ、ディナーなどがある。
ベイカー先生 Mrs.Reba Baker主催のパーティが毎月木曜日あり、これは英会話クラスの生徒とその子供が参加できる。詳しい日時と場所は、事前に掲示板や先生に問い合わせ要。

まるちゃん、学期末のポットラック・パーティ(食べ物持ち寄り)に参加してみました。
(クラスはとったことなし)
先生は、子持ちのママさんや、おばあさんが多いよう。
授業は、のんびりおしゃべりする感じらしい。
日本人研究者の奥さんも多数参加されてます。
大学用駐車スティッカーを持っていないと駐車場が少なくて高いけど、MTDバス利用(大学内に乗り入れている)もできます。

(きのこさん情報ありがとう!2004/1/8追加)

月に1回木曜日に先生のお家に招かれて、料理教室や茶話会をします。
車の無い留学生妻たちは(アイラビスタ在住)、車のある人に乗せてもらい乗り合いバスのような状態で行っています。
時期にもよりますが、いい感じで運営されているように思います。
どんな人が参加しているかでクラスの活気が違ってきますけど。
英語力がつくかはわかりませんが、私は、外国人留学生の奥さん方とお話して安らぐために時々通っています。



(mi-mamaさん情報ありがとう!2008年5月12日追加)

UCSBのECPクラスは、積極的に話をしないと一言も英語を口にしないまま終わるクラスもあります。
ある程度英語が話せる(聞ける)人におススメします。
全く話せない人は、英語で英語の文法の話とかが出てくるクラスもあるので、要注意。
いろんなイベントがあるのはよし。


◆マンツーマンの英会話 one-to-one tutoring

上記英会話クラスの先生に、登録を申し込む。
日常会話のパートナーのようなものを紹介してくれるよう。
英会話クラスの生徒優先。
(多分、時間や内容はパートナー同士の話し合いで決めるんだと思う。たぶん無料かな?)


・・・まるちゃん、行ったことなし。実際にクラスをとっている方からの情報、お待ちしています・・・

ECP英会話公式サイト( pdf file )

(2004年11月12日更新)



◆SBCC サンタバーバラ・シティ・カレッジ Santa Barbara City College

(mi-mamaさん情報ありがとう!2008年5月12日追加)

シティカレッジのESLのクラスは以前はいつでも入れたらしいですが、
出席をとっている固定のクラスは、タームの途中からは参加できなくなったそうです。
テストも必須。
夏のタームは今年はたぶんなくなるだろうといわれました。
それとは別に、フリーのクラスがあるので、それはいつでも出入り自由だそうです。
夏はフリーのクラス(レジストレーション不要)だけにするつもりと言ってたと思います。


(2008年5月12日更新)




◆Santa Barbara 英語教室(公式サイト)

日本人&ネイティブスピーカーのご夫婦で開催されている、日本人向けプライベート英語教室。

日時&場所: サンタバーバラのダウンタウン(詳細は直接お問い合わせを)

料金: 250〜500ドル/1ヶ月

(2014年8月9日更新)


まるちゃんとサンタバーバラ目次>「英会話クラス」>英会話クラス・スケジュール表の見方親子教室
2010年5月24日更新