まるちゃんとハワイ日記
7月19日(6日目)

朝5時半。
起きる。すぐにベッドの上でオヤツとミルク、そのまま6時まで玩具で遊ぶ。

今日は研究室のみんなと一緒に、まる赤も会議場のホテルへ。
お父ちゃんが仕事中、まるちゃんとまる赤コンビは、ホテルのそばの「ココナツ島」へ歩いて行く。

ココナツ島。
陸と長い桟橋でつながった、ココナツの木が所々に植わっている小さな島で、ピクニックテーブルが二つほどある小屋、シャワーもついている。「地球の歩き方」には、昔ここに日本人学校があったと書いてあるけど、この小屋のこと?

ココナツ島で座り込むまる赤、島に着いた途端、水たまりで泥遊び。降り続く雨のお陰で、泥もたくさんあるね。はあ・・・。
あまりに嬉しそうに泥どろになっているので、やりたいようにやらせとこ、と思ったら、投げてくる。やめてー!

仕方ない、砂浜だ。

島の周りに、日本の一般家庭の庭ほどの砂浜がある。堤防から飛び降りて、まる赤を抱え降ろし、砂浜に置く。いきなり座り込み(写真)。オシメって、水を吸ったらすごい膨れる。服もきたまま、くつも履いたまま、波打ち際に座り込んで動かなくなってしまった。
オシメが重くて立ち上がれないのか?

さて、ホテルに帰ろうにも、こんなにビチョビチョで泥だらけで砂まみれでは具合が悪い。
島についているシャワーで流すことにする。
始めは服の上からシャワーをかけていたけど、全然きれいにならないので、すっぽんぽんにして体を流す。
まる赤、嫌がって逃げようとする。捕まえるまるちゃん、ビチョビチョ。まるちゃんの着替え、ないねんけどなあ。
リュックに入っている着替えをオシメを出す間もじっとしない。
小さな島に響き渡るまるちゃんの怒鳴り声。すっかり鬼婆や。

ピクニックテーブルに寝かせて、オシメをつけ、着替えさせ、ストローラーにくくりつける。
もう着替え持ってないからね、泥遊びはおしまい、と言い聞かせ、ストローラーのまま島を出ようとすると、オウムを肩に止まらせたお婆さん発見。しばらく見物。

桟橋の上からは、先ほどまる赤が座り込んでいた砂浜のすぐ横にたくさん熱帯魚がいるのが見えた。

ココナツ島から、さらに「スイサン・マーケット」へ足を伸ばす。
もう魚の競り市は終わっていたので、隣接の小売り店で「アヒ・ポキ」を少し買って、まるちゃんの朝ご飯にすることにした。
これは、マグロの角切りを醤油やゴマであえたもの。
こういう食べ物を「ヅケ」というんだったっけ?地元の名物らしい。なかなかおいしい。
生魚なのでまる赤には食べさせられないので、ストローラーを押しながらこっそり食べる。
この、「こっそり」食べるのが、またおいしい。

一人でつまみぐいするのに罪悪感を感じ、途中のベーカリーでクロワッサンとアップルジュースを買って、まる赤にも食べさせることにする。
パクパク食べた。

会議場のホテルに戻り、12時までロビーでお父ちゃんを待つ。
研究室の人が一人、ロビーに座っているので、会議は?と聞くと、

「ボストンで車が盗まれて強盗に使われてピストルで穴があいてしまったので、保険会社からの連絡を待っているところだ、会議中に携帯電話が鳴るといけないし、気になってしかたないので、あきらめてロビーで過ごすことにしたのだ」

との返事。
それにしても、穴があくとは・・・。

会議が終わり、お父ちゃんと合流、コンドへ戻る。まる赤、4時間も昼寝。

夕食。
研究室の人がチームを組んで、みんなの分を料理。まるちゃんも食べる。今夜は、アヒ(マグロ)のバーベキュー、茹で野菜、ごはん、ワイン。
ちょっとワインを味見したけど、まる赤、ワイングラスに興味津々で大騒ぎ。まる赤は部屋ですでに食べさせてあったので、お父ちゃんと交代で相手をする。
1時間ほど2階でみんなと遊んでもらい、まる赤とまるちゃんだけ部屋に戻る。が、久しぶりに大勢に囲まれて興奮したのか、なかなか寝ない。

まるちゃんは、ハワイに来て以来ずっとジンマシンが出ていて、今夜は特にかゆくてたまらず、抗ヒスタミン剤を飲む。ハワイに来る直前にもジンマシンに悩みステロイド剤を使ったら治ったんだけど、今回は主治医となかなか連絡がつかず薬が手に入らない。何が原因かわからないので、なかなか治らない。怪しいのは日焼け止めなんだけど。抗ヒスタミン剤はかゆみがおさまるけど、眠くなる。

今夜はよく寝てくれよ。


メインメニューへハワイ日記もくじへ翌日の日記へ