アラスカ 〜 マサチューセッツ
カナダ横断引越し日記


メインメニューへ戻るアラスカ目次へ

1997年6月1日(日)第18日目

朝8時起床。
部屋のコーヒー入れる。
静かなトラベロッジだった。
部屋代は朝食込みかどうか、夫確認。ついていない。

荷物まとめ、朝食とりにオールドタウンへ。
途中、左手の住宅街に人込み見つけ、マンション下に駐車して、歩行者天国へ。
ガレージセールの集団だった。
なぜこれほどの人が集まるのか不思議なほど、普通のガレージセールグッズ。

カフェテリアへ入って朝食を、と思ったが、フランス語しかできないウェイトレス&フランス語のメニューで、とりあえずカフェオレを頼む。
ゆっくりメニューを見ると、「オムレット」とかの字がわかり、周りの人もおいしそうに何かボールに入った卵のようなものや、トーストを食べていて、私もそれを欲しいが、何といったらいいのかわからない。
香港でのように、指差して、「あれ一つ」という雰囲気ではなく、カフェオレだけであきらめる。
向かいにサブウェイあるが、フランス語でホワイトだの玉ねぎ抜きだの言うのが大変なので、それもやめ。
腹減った・・・。
ぶらりと歩き回り、10時半ごろそこを出て、ガソリンスタンドへ。

12時過ぎ、Ste. George という中くらいの大きさの町のマクドナルドで、朝食兼昼食のハンバーガー。
メニューはフランス語だった。
セットを注文しようとしたが「#3」と言ってもわからず、隣の店員さんが翻訳していた。

12時半、アメリカとの国境(ボーダー)へ向かう。

1時10分、ボーダー到着。
夫、緊張して(?)トイレへ。
免税店あり。
車から出て、建物の中へ。
眼鏡+ひげのおじさんが、どこからどこの学校へ行くか、何日カナダにおったか尋ねて、ハンコ押して、終わり。
どちらかというと、感じ良かった。

メイン州の看板の写真メイン州の看板で写真撮る(左の写真。「Welcome to MAINE.  The way life should be」と書いてある)。
夫、緊張していたらしいが、よくわからなかった。
ボーダーは山の中。
車も少なく、家もなし。
すぐムースリバー、ジャックマンという、小さいけど小奇麗な町を通過。
ジャックマンにはカヌー出来そうな湖。のんびりしたところ。

4時20分、オーガスタ(Augusta) 過ぎてすぐ、通行料35¢払う。
ポートランドのダウンタウンは高速から横目で見ただけで、行かず。
たくさんのビル、古い教会などが目に付くが、結構狭いかも。

あっという間に家まばらになり、本日の目的地、コンフォートインに到着。
近くにモールあり。
80ドルぐらいと聞いていたけど、チェックインする時、夫の目の前にいたお客さんが泊るかどうか迷っていて、受け付けの人が、「スプリング・スペシャルで、59ドルだ」と薦められて泊ることに。
夫、「今、スペシャルやそうやな」と切り出して、うまいこと値切りに成功。
部屋は机付き。まあまあ。

荷物置いて、夕食へ。
迷いかけるが、結局バフェに。
大きなバフェで、2人で16ドル、食べ放題。
夫、「学食」との印象。
結構おいしく、食べ過ぎて苦しい・・・。


引越し日記19日目へ
メインメニューへ戻るアラスカ目次へ