まるちゃんとアラスカ
「気球で飛ぶアラスカの空」


空を見上げると、プカプカ浮かんでる気球がよくあった。

9月に元同僚が遊びに来てくれたとき、一緒に乗ってみた。(実は私が乗りたかっただけ・・・おつきあいありがとう!)

トラックの後ろに大きな籠をつんで、クリーマーズフィールドへゴ〜ウ。
ここは、渡り鳥の休憩所として有名な、広大な敷地。

お兄ちゃん2人が籠を下ろしたり気球の布を広げたりするのを、ちょびっと手出ししてみたり。

大きな扇風機で風を送ると、カラフルな気球が膨らみ始めた(写真)

膨らましてるとこ

あれよあれよと大きな気球ができあがり、私達3人と操縦士のお兄ちゃんが乗り込む。
籠、でかーい。

バーナーの「ごおおおおおお」って音。
大きな炎。
気球は英語で、ホット・エア・バルーンって言うそうな。
バーナーを消すと、ちょっと不自然な静けさ。
飛行機がいつもより近くを飛ぶ。おおー。

空に浮かんでる間も、お兄ちゃんの携帯電話に続々と予約が入る。
広告兼ねて営業してるようなもんやから、なかなか効率よさそう。

籠の中にはいろんな機械に混じって、双眼鏡も装備されている。
あんまり英語がわからないのがわかっているのか、無口なお兄ちゃん。
ニコニコしながら、ムースを見つけてくれた。

「ムース!あそこ、あそこ」
「えーどこー?ようあんなん見つけるなあ」

山の間に、銀色に輝くパイプラインが見えた。意外な大きさ。
フェアバンクスの町は、ちんまりと小さい。
後は地平線まで続く何にもなさ。
1週間前の強風で、黄葉も全部散ってしまい、荒涼とした大地が果てしなく広がる。
ショッピングセンターも、大学も、地表のほんの一点に集まっているだけ。

こんな所になぜ人は住むのだろう。
なぜ住み続けているのだろう。

この日は風が弱くて、あんまり移動はしなかった。
地上へ降りていく。

「うひゃー、速いっ」

飛行機の窓ごしに見るより、段違いのスピードで落ちていく気球。
トラックで待っていたもう一人のお兄ちゃんが、ユラユラ揺れる気球を地面にしばりつける。

また大騒ぎしながら気球をたたみ、籠をトラックにつむ。


短い空の旅が終わる。
なつかしい友達が帰り、孤独な時間が戻る。

それでも、空にはあの気球が漂っている。


(前へ)キツネのご馳走(次へ)蚊・か・カアアア〜ッ

まる栗メインメニュー/アラスカもくじ

2003/6/6作成 (※1995年の体験です)